2009年09月20日

召しませ、おゴハン

猫にはどう接したらいいのか、まったくイロハもわかっていない私なので、
自分でも甘やかしている方なのか、
それとも割と放っている方なのか、自分でもさっぱりわかりません。。。
(ただ、ウサギたち同様、常にchu★chu★しまくって育てているのは間違いない)

20090913chi5.jpg

     「ちぃはママの愛情がまだまだ足りないと思ってるにゃ」
     ・・・そうして、ママの椅子を占領しながら言うんじゃありません。

ただ、我ながら、これは甘やかしか?と思っているのは、
ゴハンを手ずから食べさせていること。
仕事の日の忙しい朝にはできないけれど、夜のゴハンやOFF日には必ず食べさせてあげているのです。

だって、放っておくとあげたゴハンの半分も食べないことが多いから。
(特に私が家にいる日は私にまとわりつくのに忙しいらしく、ほとんど自分では食べない)

20090920chi1.jpg

       「さぁ、お嬢さま、召し上がれ」
       「ばあや、お手々は洗ったにゃ?」
       
これで、食べさせようとしても食べないなら放っておけるんだけど、
私が手で差し出すとぺろりと完食してしまうので、どうもやめにくい。
にゃんこならではのムラ食いでしかないんだから、
ここは放っておくべきなんでしょうね・・・
そうしないと、ますます私がいないと食べない子になってしまうのにね・・・

20090920chi2.jpg

       「うにゃあ・・・お腹いっぱいになったからネンネするにゃあ」
       ・・・私の眠りの半分をこの子が代わりに眠っているように思える。
       そうか。ちぃやが私の不眠症の原因かも。

20090913chi6.jpg

       「それはちがうにゃ〜
       ちぃだってママとたくさん一緒にネンネしたいにゃ・・・」
       ・・・寝ているママの体の上をのしのし歩いて起こすくせに。

ニックネーム Lin at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

借りてきた猫?

やっぱり・・・三日坊主もいいとこだわ(笑)

千夜は昨年10月11日に兄弟たちと保護され、
おそらく生後1ヶ月と少し・・・と病院で言われたので、
9月1日を推定誕生日としていました。

すっかり過ぎてしまったけれど、めでたく満1歳の誕生日を迎えることができました。
体重も4kgを越え、何一つ病気らしいこともなく(快眠・快食・快便)、
幸いケガもなく、本当に健康的な少女にゃんこに成長してくれました。
(ウサギで言えば満1歳といえば成熟したオトナなんですが、
にゃんこの場合はまだ成長期なんだそうです)
ウサギとネズミ専門のLinさんちに闖入させたにゃんこだけに、
飼い主の負担は極力少ない猫を選んでくれたようです・・・猫神様は。

20090913chi4.jpg

       なんにゃ。ちぃは良い子にゃんこにゃん?

ただ―
いまだに恐ろしく甘えっ子で、足元にまとわりついて飼い主の歩行を不安定にさせたり、
顔を洗っている時に背中から肩に飛び乗って、
あやうく洗面台に顔を殴打しそうになったり、
どんなにすばやくエレベーターから降りてドアを開けても、すでにそこに待機していたり―
最近は用事があるとにゃーにゃー鳴いて呼びつけるし。
やっぱり、にゃんこというヤツはやはりなかなか侮れませんね・・・

それでも私の腕を自分の両手でぎゅっと抱きかかえて顔を押し付けて寝る様子を見ると、
あぁ、この子はまだまだくっついていたい年頃なんだ・・・と、
巨体化しつつあるにゃんこでもやはりかわいいものです。

ちぃやの肛門が目の前にあっても、
ゲロの始末も、もはやなんとも思わなくなりました。

それでも―やっぱりまだ私にはピンと来ないところがあり―

何でネズミのいるうちに、にゃんこがいるのか―

千夜はすでにこのうちの主のような態度ですが、
私にとってはまだどことなく「借りてきた猫」・・・

20090913chi3.jpg

      では、憎たらしい顔つきを。
      「憎たらしいんじゃなくて、眠いんにゃっ」
ニックネーム Lin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

ちぃも哀しい

M.Jが急逝して以来、
時間さえあるとPC前で彼のビデオを観ては泣いたり興奮したりしている、この頃。

私がM.Jのバラードを聴いて涙をこらえなくなると、
必ず千夜が「にゃっ?」と小さく鳴いて、私の膝の上に上がってくる。

そして心配げな瞳で私を見上げ、「ん〜・・・」と鼻を鳴らして
時々そのかわいい手で、私の頬の涙を拭こうとする。

まだ小さな子どもで、自分の気分しか頭にないと思っていたのに、
ちゃんと飼い主の気持ちを察することができるようになっていた。
優しい、賢い子だね・・・

20090708chi4.jpg

      「ママ、泣いたらだめにゃ。ちぃまで悲しくなるにゃ・・・」

ニックネーム Lin at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

にゃんこのゲロと、ウサギのデロリ糞

4日ぶりにお留守番となった、ちぃや。
ドアを開けると、すでにいつものように玄関に来ていました。
(エレベータから1、2歩で我が家の玄関。
鍵を開けるまでにほんの数秒なのだから、なぜすでに玄関前に待機できるのか、
本当にいつも不思議に思う。ワンコならよく聞くけれど。
それとも、エレベータが開く音を聞くたび、玄関前に走っていっているのだろうか・・・)

きっと今日は寂しがっていただろうな、と
うにゃうにゃ付きまとうちぃやを抱き上げながらリビングに行くと―

あぁ・・・床にちぃのゲロ。
ゲロ。
・・・ゲロ。ゲロだ。ゲロさ。。。

しかも―
ウサギ部屋の方では巨大ウサギの炎龍が
あちこちにでろり盲腸糞を撒き散らしてデロデロだし―

しばし、にゃんこのゲロ処理とウサギのデロリ糞処理に没頭・・・

やっぱり、ウサギのデロリ盲腸糞の方が嫌悪感がない、と思うのは、馴れのせい?
まあ、ゲロもちぃやの産物と思うと、自分のゲロの10分の1の嫌悪感しかないけど。
そのうち、にゃんこのゲロ処理なんて、ウサギたちの●処理同様、
なんとも感じなくなるんだろうな・・・

20090707chi1.jpg

      新しいおもちゃを買ってきてあげたけれど、あまりお気に召さない。
      けしかけたら、ほとんど激怒してつかみかかっていた。
      「なんにゃ、これーっ!」

これまでちぃやはめったにゲロを吐くことはないのだけど
(おとといも吐いたけれど、それはウサギたちのヨモギをたくさん食べたから)、
これは、久しぶりの留守番のせいなのか、
単に急いで食べたからなのか。

にゃんこはゲロを吐いていっちょまえ、らしいので、
ちぃやもオトナになってきたということかな・・・

20090707chi2.jpg

      「そういうことにゃ」
      ま、ソファとかおザブとかに吐いていなかっただけ上出来。
ニックネーム Lin at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

にゃんこのにほひ

まだ確定ではないですが、
ちぃやの話題だけ集中的に扱うブログを新たに作りました。
伝統的?ブログのタイトル自体が「兎のにほひ」なので、
ここににゃんこが登場すると、まるでにゃんこの狩の対象としての魅惑的な獲物のにほひ・・・
というイメージになってしまうらしいので。

まぁ、ウサギオーナーの大半の方は、動物に対して理解も愛情もある方々なので、
ちぃやの話題も笑って見てていただいているとは思うのですが、
私という猫初心者が今後もにゃんこと生活していくうえで、
この際にゃんこ歴の長い方々からも広くアドバイスしていただいた方がいい機会もあるかと思って。

20090706chi4.jpg

      「ちぃ専用のブログにゃ?」
      そうです。なのに、あんたは緊張感がない・・・

20090706chi1.jpg

      「いつポシャルかわからないんだにゃ・・・?」
      だって、本家ブログでさえ思うように更新できないんだもん。
      できるだけ更新できるように頑張るけど。

仕事のシフトの関係で、予定外に今日まで4日間OFFだったおかげで、
普段寂しい思いをさせているちぃやともかなりべったり過ごしました。

暑くなってきたというのに、
相変わらず人の体に覆いかぶさるようにして昼寝したり、
抱っこされて寝たがるのでそのまま1時間も動けなかったり―

しつこいぐらいに私から何度も抱っこしてあげているうち、
初めて!
「うにゃあ(いやん)」と鳴いて避けて行ってしまった。
ふだん、あまりにべったりしすぎるので、こちらからべったりしてやったら、
さすがに「うざっ」と感じたみたいです。

20090706chi3.jpg

     「それは一瞬のことだにゃ」
     まだ足りないの?

20090706chi2.jpg

     「まだまだ遊んでほしいにゃゃゃゃゃっ!」
     ・・・本当にキリがないけど―まだ子どもだもんね。
ニックネーム Lin at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする