2011年10月10日

にゃんこ物語は当分『Lin家の掟』でよろしく

まったくもって・・・あいすみません。
こちらの方すっかり閑古鳥が鳴いている状態です。

というのも、この7月からまいこ〜とルカちゃんのもともとの半野良ファミリーの
保護・養子斡旋活動に忙しいからなのです。

そちらの専用ブログは

http://mjluca.blog90.fc2.com/ 『Lin家の掟』です。

こちらに半野良ファミリーだけでなく、
うちの子らもちょくちょく登場していますので、
しばらくはこちらをご覧ください。

遅くなってごめんなさい。

20110801mj1.jpg

    「おかにゃん、そういうことはにゃ、早く提示しにゃいと」
    へい。


ニックネーム Lin at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

にゃん'sだけは病気知らずで頼むよ

突然の千夜の斜頚に慌てふためきましたが、
その後4回の注射で完全に治りました。

うさぎの斜頚と同じ経過になるのではとものすごく神経質に捉えたんですが、
猫は原因不明の一過性でこうした斜頚が起こることがあるそうで、
たいていは1〜2週間で自然に完治することも多いのだとか。
うさぎほど心配しなくてもよかったみたいで。
第一、通院前からすでに傾きは改善しつつあった状態だったし。

20110522chi2.jpg

       どこから見ても文句なく美猫ちゃん。(←親馬鹿と思って許されよ)
      
なので・・・通院3回でいいというところを「念のため」と4回注射してもらい、
さらに「あと、投薬は?」とせっつく私に、
主治医は「必要ないですよ」と半ばあきれ気味。
なんでもうさぎを基準にしてしまうと大げさになりがちです。

・・・2年半前、千夜を保護して直後、
ウンチが丸1日出ていない!と青くなって病院に電話して「どうしよう!」と大騒ぎしたのも、
うさぎを基準にしての要らぬ心配で。
うさぎが丸1日●をしなかったら、命に関わることなのでね・・・

20110522f_c1.jpg

       くんくん。「おねいちゃん。ここ、いいにほひにゃ・・・」
       最近、しきりに炎龍の首筋に鼻を突っ込んでうっとりしている千夜。
       ・・・うさぎのここが一番おいしそうなにほひがすることに、ついにおまえも気がついたのか・・・?

猫にはたいそう心もとない、そういう飼い主の元で育つ3匹のにゃんこたち、
昨年末の千夜のワクチン接種の際に、
「実はまいこ〜がめきめきメタボ化してきていて」と主治医に相談しているとき、
「でも、まさか千夜は太ってないですよね?」と(このときの測定で5.2kg)念のため聞いたら・・・
「いや、千夜ちゃんもけっこうぱんぱんしてますよ」と言われ、
「うそっ」と動揺する私に、彼は苦笑しながら言ったのです。
「Linさん、うさぎばっかり見慣れてるから、千夜ちゃんが細く見えるんですよ」

・・・・・

そんな私でも、まいこ〜がメタボということはよくわかる。

20110522c_m.jpg

       のっしのっし。        
       すっかり体長も幅も千夜を追い越してしまったし。
       時々、飼い主もぎょっとするほどイカツイにゃんこに見える。

20110522mj1.jpg

       だいたい、頭と首が千夜より相当大きく太い。
       念のため繰り返すけど、やっと満1歳ですから。
       あ、鼻も相変わらずでかい。
       「おかにゃんが大きくなれとゆうたがにゃ」

20110522chi1.jpg

      「ママ・・・満1歳になったばかりにゃのに、ちょっとまずいんにゃにゃいの・・・?」
      ちぃもそう思う?
      ちぃとママとで、ちょっと大事に育てすぎちゃったね・・・

20110522mj3.jpg

       ネックレス、どこになくしてきたの?
       ホンモノのダイヤだったのに。(←猫に小判)
       「まいきょのヒミツの場所ににゃ」
       時々はイケメンに見えることもある。
       ガテン系に変わりはないが。

でも、この子は本当に気立てがいい。
草食ユニットたちにも一番優しいし、いつも落ち着いていてむやみに怖がったりパニックにならないし、
それでいて、いまだに私には恍惚の表情で激しく甘えるし。
(猫というのは、犬のように団体で飼い主に愛情をアピールすることってないんですかね?
うちの子達は私に抱きつくのは必ず順番、一緒にひざの上に乗ろうとはしません。
もっとも・・・乗せられるほど飼い主のひざの上の面積は広くはないが)

20110522lu2.jpg

      兄弟のルカちゃんは、まいこ〜より1〜2まわり小さい。
      ただ、長毛のせいでさほど差は感じないけれど。
      相変わらずひどく臆病で、おそろしくトロくて、いまだに赤ちゃんモードで甘える。
      「だ、だってりゅかちゃん、ガテン系じゃにゃいも」

20110522lu1.jpg

      猫にあるまじき運動神経の鈍さで今まで自力で登れなかったキャットケージの天井に、
      最近やっと上れるようになった。
      「だけど、降りるのが怖いから、鳴いてママンに下ろしてもらってるにゃ」


満7歳までは絶対に無病息災で頼みます。
ママはウサギたちの病気の心配がこれからもしばらくは続くんだから、
今後5年くらいは猫たちでそんな心配はしたくないですよ   と、
改めて念を押しておいたのだけど、、、
(もちろん今後も完全室内飼育、ワクチン接種必須、絶対に猫用以外の食品は与えない、を厳守して)

20110522mj2.jpg

      「まいきょは8sを目指すがにゃ」   
      いや、「8sで留めるを目指す」の間違いでしょ。






ニックネーム Lin at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

千夜、捻転斜頚を発症

昨日、起床して「おはよう、ちぃ」とキャット・ケージのなかの彼女を見たら、
すでに彼女は起きていてベッドの中に座ってこちらを見ていたのですが・・・


小首をかしげて私を見ている。
かわいらしい、と一瞬はそう思ったものの、、、

いぶかしく思ってケージから出て歩く千夜の様子をしばらく見ていて、確信。

・・・斜頚だ・・・!

斜頚といえば、うさぎ。
うさぎに多い神経系の病気で、幸いこれまでにうちのうさぎたちで発症したことはないけれど、
日頃からこの病気にならなければいいけれど、と心配している。

猫にもあるのか?
ちょっとぴんとこなかったので、すぐにネットで調べたら、
高齢の犬に発症するケースが多く、犬に比べると猫の症例は少ない、
発症原因や発症個所はうさぎとほぼ同じということを確認した。
(原因菌や原虫の種類は違うが)

とにかく、神経系の病気であることは間違いない。
なんで、まだ3歳にもならない千夜が?
中耳炎など感じさせる様子もなく、
昨晩オヤスミまで、何の異変も感じられなかったのに。

が〜ん・・・・・・・!!!!

20110510chi1.jpg

     昨日、仕事に出る直前の様子。
     これが瞬間なら、「かわいい」で済むんだけどね。

とにかく、今日はこれからいったん仕事に出て今日中に処理しなければならないものを片付けて、、
診察時間に間に合うよう早退しよう、と半泣きで仕事に。
幸い、ふらつくとか、麻痺、眼震、嘔吐といった症状はないし、普通に食欲もあるので、
なんとか留守中はこれ以上悪化しないで、と祈りながら。

が、仕事先でちょろちょろ検索しては、悲劇的な猫の捻転斜頚の症例を読むうち、
やっぱり、一刻も早く投薬して、とにかく悪化を防がなければと気が焦り、
さらに予定より早く仕事先を出て帰宅。

幸い千夜は首をねじるように傾けているだけで、
吐いた様子もないし、眼震もないまま。
でも出掛ける前よりもさらに傾きがひどくなっている気がする。

20110510chi2.jpg

      昨夜、就寝前の様子。ほとんど90度に傾いていて、
      横から見ると、ねじれたようになっている。
      歩く分にはいいけれど、走ると右側に寄っていってぶつかりそうになっていた。

さっそく診察、といつもの病院に電話したら、
なんということだぁ〜!本日、午後休診・・・・・っ!!!!

近くの別の病院へ、とも思ったけれど、
一度で済むことにはなりそうもないのに、「とりあえず診察」して
結局またいつもの病院に変えて、投薬内容が変更になったりするのも問題。
しかし、このまま1日放置して悪化させることも絶対に避けたい―

で、また色々ネットで検索して、治療にはステロイド剤が使われることを確認したので、
手持ちのうさぎにもらっているステロイドを1cc飲ませた。
飼い主責任ということでね。

で、今日・・・
朝起きたら、昨日よりは若干…首の傾きが改善されたような。
で、朝一でいつもの病院へ。

すでにネットでだいぶ勉強したので、大方の見当はついていたけれど、
やはり、耳の中を診ても問題は感じられず、
症状としてはまだ軽い方なので、ステロイドと抗生剤の注射をまず3日続けよう、
おそらくそれで治るはず、という結果に。
昨晩ステロイドを飲ませたのは間違いではなかったらしい。

猫の場合、原因不明・突発性というケースが結構あるらしく、
千夜もまだ若いし、耳の問題もなさそうなので、おそらくその部類のような気がする。
主治医もその路線を想定しているよう。

20110511chi1.jpg

    本日、病院から帰宅直後。
    歩いている時はかなりまっすぐに見える。

20110511chi2.jpg

    本日夕方頃。昨日よりはやっぱり改善してるよね?

いやね・・・
昨年秋から、うさぎのラムタラが神経系の病気でずっと闘病している最中だし、
もう1羽のうさぎの炎龍(ふぉーろん)も脳神経系の持病を気にしながらの生活なので、
その点猫たちだけはそんな心配もなく元気で助かる、と思っていただけに、
突然の千夜の斜頚は本当にショックでした。

今日、注射をしてもらってからは、さらにちょっぴり・・・首の傾きが改善されたような気がするけれど、
彼女本人は昨日より意気消沈している様子が気になる。
食欲は普通どおりなんだけどね。

20110511f_c1.jpg

      ついさっき。うさぎの炎龍と仲いいね。
      こうして座っている限りはほとんどまっすぐになった。

昨日からオヤスミタイムも千夜だけはケージに入れず、一緒に寝ています。
ひたすらかわいがり倒して早く治ってもらおうという作戦。

明日の朝にはさらに改善していますように。
完全に頭がまっすぐに戻りますように。
そして・・・今後も再発しないことを祈るばかり・・・

20110511mj1.jpg

       「今日にゃ、6Fのミカママがちぃねいにゃんのお見舞いと
       まいきょに会いに来てくれたんにゃ。
       にゃのににゃ、うさぎのねぃにゃんがくっついて離れにゃいがよ・・・」



ニックネーム Lin at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

Brothers、満1歳に

5月になっちゃいました。

昨年5月末に、まだ目も開いていないまいこ〜を拾って、、、
つまり今月はまいこ〜とルカちゃん兄弟の満1歳の誕生月ということになります。

まいこ〜を保護したときは200gにも満たなく、ほとんど「ダメモト」覚悟でしたが、
幸いにも本猫が頑丈にできていたため、同じMSの猫友だちの惜しみない協力もあって、
その後も病気ひとつせず、元気に兄弟で満1歳の誕生日を迎えられることになりました。

20100530mic6.jpg

      保護翌日のまいこ〜。とにかく常に大暴れ、大泣きの赤ちゃんでした。

20100604mic6.jpg

      保護して1週間目くらいのまいこ〜。
      まだまだコグマチック。

20100613mic2.jpg

      暴れん坊大将軍。

20100725all1.jpg

      先住のうさぎやねずみにもかわいがられて大きくなりました。

7月末頃になってから、まいこ〜の野良ファミリーが
近所の家の庭に棲みついてゴハンだけはもらっていることがわかり、
(母猫が出産した場所からその家に引っ越す過程で、何らかのトラブルがあって
まいこ〜がはぐれたか置き去りという状態になってしまったようです)
次々と3匹を養子斡旋できました。
もう1匹…養子斡旋予定だったルカちゃん…
この子があまりにドン臭くて、おとなしくて、弱々しかったため、
予定先の家族には合わないと判断して、結局…新たな募集も面倒になって、うちの子になっちゃいました。
それより先、まいこ〜も養子に出すつもりだったのだけど、
予定先家族の先住猫との兼ね合いが不安なこともあり、結局まいこ〜もうちの子に。

このあたり、私もいい度胸。。。

20100731l_b2.jpg

      千夜とそっくりの子猫と一緒に保護してきたルカちゃん。
      その後リトル千夜は養女になって、今は「クッキーちゃん」という名前。
      クッキーちゃんと一緒に、まいこ〜と瓜二つの黒猫の兄弟もこの時同じ家族に養子になって、
      今は「ポポちゃん」という名前で、2匹とも幸せに暮らしています。

20100802black1.jpg

      まいこ〜と激似のポポちゃん(男子)

というのも…
当初、先住の千夜は絶対に新しい猫を受け入れないだろうと決め付けていて、
千夜のためにも早々に養子に出さなきゃと考えていたのですが、
その予想を裏切って、彼女、猛烈に赤ちゃん猫をかわいがりだし、片時も離そうとしなくなったのです。
で、保護してくる子猫全部を分け隔てなくかわいがり、
その子らがもらわれていくたびに、「子猫がいない」と大泣きして探し回るように。

20100703c_m1.jpg

     まさか、ちぃやがこんなに母性が強い猫だったとはねぇ・・・
     すっかり母親気分のよう。
     でも・・・まいこ〜はいまだに母親は私、ちぃやは頼れるおねぇちゃんという位置づけのようです。

20100802bub1.jpg

     兄弟従兄弟の子猫たちのなかでも、長毛はこの子だけ。
     何世代か前のご先祖様のDNAなんでしょう。
     それにしても・・・絶対に女の子だと思ったのに、可憐系男子でした・・・

もちろん新規参入のルカちゃんも、もともと兄弟(または従兄弟。
野良ファミリーは2匹の姉妹猫がそれぞれ子供を産んだ。
なぜ姉妹かというと・・・1年前に同じ庭先で子猫だった彼女らを見て知っているから)
のまいこ〜とはすぐに仲良くなったし、千夜もルカちゃんをかわいがってくれたので、
猫同士の相性という点では問題ないと判断したからで。

20100826all1.jpg

     一時千夜は激やせしました。子猫たちがゴハンを食べ終わってからでないと、
     自分の分に口をつけようとせず、子猫たちがほしがると、結局自分は何も食べずにあげてしまうので。

20100914lu2.jpg

     美形で色っぽい(とろいけど)ルカちゃん。

20100915mj1.jpg

     少々、いやかなり先々が危ぶまれる風貌のまいこ〜。          

その後千夜にも草食族たちにもかわいがられて、何の問題もなく兄弟は成長し、
ワクチンや去勢手術など既定の通過儀礼も無事に済み、、、

今、まいこ〜は5kgもゆうに越え(いいのか、まだようやく1歳なのに)、
早くもメタボ体型。去勢手術後にめきめき太ってしまいました。
名前が名前だけに、それだけは避けたかったのだが・・・

20110323mj2.jpg

     胸毛と腋毛と股毛だけちょろりと白い毛が、ちらちら。
     世界一の超セクシーにゃんこ!さすがマイケルジャクソン。

20110428lu1.jpg

     相変わらずかわいいだけが取柄のルカ。運動神経が鈍くて、
     千夜やまいこ〜についていくのに必死。
     まいこ〜より常に700gほど小さい。

20110403chi1.jpg

     「やっと大きくなったにゃ…子育て、大変だったにゃ」
     千夜が教育係だったからね。よく面倒を見てくれました。

私にはもったいないほど、まいこ〜もルカちゃんもいい性質のにゃんこ。

猫は飼い主の言うことなど聞かない、さほど人間に執着などしない、と聞いていたのに、
3匹とも激甘えっ子だし、私の言うことは本当に良く聞いてくれます。
草食族たちにも一切問題行動は起こさないし、
本当に優しく、思いやりのある子たちに成長してくれました。
これは、教育指導を全部任せた千夜の功績ですね。

20110305mj1.jpg

      コワモテ、太めだけど、私に力いっぱいハグして、鼻を鳴らしながらキッス連発。
      
20110326f_m1.jpg

      うさぎの炎龍が大好き。
      彼女はまいこ〜がヨチヨチ歩きの時からかわいがってくれたものね。
      「あだすの坊やですから」
      「まいきょのおねいにゃんだがにゃ」

20110417lu1.jpg

      常に哀れっぽい声で泣き落とし作戦を貫く、情けないルカちゃん。
      名前を呼ばれるだけで、取り合えずぐんにゃりひっくり返るのは今も変わらないね。
      「りゅ、りゅか、かわいいから勘弁してにゃ」

それでも・・・兄弟はまだまだ子供なのでオイタもあり、
時には教育的指導のため、リビングの外に締め出されることも。
「入れて〜」とドアの外でにゃんにゃん泣いていると・・・

すると、千夜が「なーう・・・」と哀しげな声で鳴いて、私の足元に。
「ママ・・・あの子たち、許してあげて・・・」と懇願するのです。

・・・甘いお姉ちゃん。

兄弟赤ちゃん猫2匹をいっぺんに迎え入れるという無謀なことをしましたが、
今となっては、それまで寂しい思いをさせてきた千夜にとって一番いいことをしてあげたような気がします。

20110427chi1.jpg

      「え?甘い?・・・そっかにゃあ」

20110503all1.jpg

      これからもうさぎとねずみのお姉ちゃんたちと仲良く暮らせるにゃんこ族でいてね。







ニックネーム Lin at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

結局、3匹そろって激甘にゃんこ

(もし、こちらも読んでくださっている方がいるなら)
長々の、相変わらずのご無沙汰、ほんとに…いやはや。

でも、弁解させていただくと、
家族のうさぎが昨年11月半ばから現在まで病に臥せってしまったため、
現在もなお落ち着かない毎日のためなのです。
(この間の詳細は本家ブログ《兎のにほひ》で)

猫たちはおかげさまでつつがなく、元気に毎日を過ごしています。

20110130cats1.jpg

     3匹とも仲がいい。甘えっこのまいこ〜はたいてい相手の首に手を回して寝ている。

昨年11月中旬にはマイケルジャクソンとルカの兄弟が一緒に去勢手術を受けました。

20101118m_lu1.jpg

      2010年11月18日に兄弟そろって受けました。
      「エリザベス・ブラザーズ」

この時まいこ〜3.9kg、ルカちゃん3.5kgで、
生後半年の子猫としては堂々としすぎなくらいの体格。

手術そのものも術後も何ら問題はなかったのだけど、
その後2週間の「エリザベス・カラー時代」が一番の困難で。
まいこ〜は持ち前のおおらかさと頭のよさで、程なくエリカラ付き生活のコツを学んで、
すぐに順応してくれたのに対し、
ルカちゃんは・・・・ま、予期していたことではあるけれど、
どこを歩くにもエリカラをぶつけ、そのたびにびっくりして怯え、
結局エリカラを外すその日までふがふがぐずってばかりでした…

20101120f_m2.jpg

      まいこ〜は、エリカラの幅などをすぐに覚えて、問題なく日常生活を送れるように。
      「坊や、なにおかすな格好すてるですか」
      「おかにゃんはクールだとほめてたがにゃ」

20101121lu1.jpg

      「こんなのつけたママンにゃんか、一生恨んにゃるぅ」
      ルカちゃんは2週間泣きべそかきどおし。
      常になだめてあまやかして…この、根性なしめ。

兄弟でも容姿ばかりでなく、本当に性格もまったく違う。

まいこ〜はとにかくポジティブで、積極的だし、見知らぬ人にもまったく怖じることなく接近していくし、
(宅配便のおじさんにも愛想を振りまく)
なにより、とにかく彼は頭がいい。

あ、ここで私が言う「頭がいい」というのは、決して芸を覚える、という意味ではないですよ。
もとより、そんなこと仕込む気もないし。

20101127mj1.jpg

       「なにゃ?まいきょの鼻が大きいとにゃ?
       おかにゃんはこの鼻がかわいいとちゅーするにゃよっ」

つまり、状況判断が的確で鋭い、という意味。
飼い主が何を望んでいるか、どうすれば飼い主が喜ぶか、叱られるか、
すぐに学んでしまうのです。
お姉ちゃんの千夜でもまだわかっていないのに、まいこ〜はドアの開け方もすぐに学んでしまった。

20101219mj1.jpg

       「まいきょにゃ、おかにゃんの言うことはほとんどわかるがにゃ」
       頭はいいが、強面。
       少なくともチャラ男系ではない…

彼はかわいがってもらった千夜といる以上に、いまだに私と一緒にいたがり、
今では千夜以上に超べったりちゃん。
いまだに私の顔中激しくなめまわして愛情を表現するのも赤ちゃんの頃と変わらない。
ほとんどワンコ並みのなめ方。ちと迷惑。
・・・が、考えてみると、毛虫のように小さかった赤ちゃんの頃、
かわいくてかわいくてチューしまくって育てたのは私なので、
まいこ〜にとってはこれが愛情表現と理解したのも無理はない。。。

つまり、彼はいまだに私が母親と信じているらしい。

頭がよく、私を母と信じているだけに、そろそろ年齢的にも「天真爛漫期」を過ぎようとしているこの頃、
私に叱られるとそれを結構後々まで覚えていて気にしている様子も見え、
私の接し方も今後はもっとデリケートにしなきゃな…と思っている。

20110112mj1.jpg

      「まいきょにゃ、最近おかにゃんが兎の兄にゃんにばかりつきっきりだから、
      ちよびっと寂しいんだにゃ…」

20110121f_m2.jpg

      よちよち歩きの時からかわいがってもらったうさぎの炎龍が大好き。
      猫の中でもやはりまいこ〜が一番草食ユニットたちとの付き合い方を心得ている。


一方ルカちゃんは、
生後2ヶ月まで母猫兄弟従姉妹猫たちと一緒に暮らしていたせいで、
当初は私に距離を置いていたものの、今ではすきあらば私に甘えてねだることばかり考えている子に。
名前を呼ぶだけで、「抵抗の意志なし」とお腹を見せてごろんと横倒しになってしまうのも相変わらず。

20101110lu1.jpg

      「あ、りゅかを呼んだかにゃぁ?」

20101219lu1.jpg

      「またりゅかを呼んだかにゃあ?」
      ・・・少しはピシッと立ちなさい・・・

この子は当初からあまりに動きがスローモーで運動神経が鈍く、見るからに臆病な表情で、
それは成長した今もほとんど変わらず。
千夜がもともと神経質で臆病なところがある猫なので、
私以上に千夜とくっついてばかりいるルカちゃんは、
千夜が怖がるものは自分も文句なく怖い、と、チャイムが鳴るたび千夜と競って物陰に隠れるし、
さらに・・・千夜が私を半ば小ばかにしたところがあるのに、
ルカちゃんは私に叱られるのが本当に怖いらしく、
ちょっと「だめ」と言うだけで大慌てで逃げていく。
とにかく度胸がない。。。

20101201lu1.jpg

      「りゅか、か弱い女の子にゃんだもん」
      ちがう。男の子でしょ。

20110108c_lu1.jpg

      いつもいつも千夜にべったり。
      そろそろ千夜より大きくなりそうだよ。
      「体ばかりが大きくて、中身はまだ赤ちゃんだにゃあ」
      それは…千夜にも同じことが言えそうな…

いまだに「オス猫」と人に言うたび、「えーっ」と驚かれるほどおとなしく、見た目も可憐な乙女風情。
ピンクが一番良く似合う子です(笑)

20110112lu1.jpg

      それでも最近はすこーし男の子っぽい表情も。
      ピンクのリボンが一番似合うのは相変わらずだけど。

お姉ちゃんの千夜は、しばらく兄弟が小さかった頃は、
神経質に兄弟の動向に注意を払って、ろくに自分が食べることもしないで献身的に世話していたけれど、
大きくなった今はようやく自分の「我」を取り戻してきたようで、
最近は兄弟たちの目も気にせず、以前と同じに私に激しく甘えるように。
もう、以前のあまあまちぃちゃんに戻ることはないのか、と少し寂しく思っていたので、
千夜が自分のペースを戻してくれたことは嬉しい。
自分の自然な気持ちのままで生活してくれているということだもの。

20101204c_lu1.jpg

      兄弟たちの体格もほぼ自分と同じになると、
      じゃれて遊ぶ相手をするにも重労働。
      しばらく千夜の背中中に兄弟から咬まれた傷が絶えなく。
      今、ようやく兄弟たちも加減を知って傷になるほど咬まなくなりました。

20101124chi2.jpg

       「ようやく弟たちも半人前になってきたので、
        ちいも安心してママに甘えられるようになったんにゃ」
       ちぃやがこんなに母性あふれる性格だったとはねぇ。。。

20110130chi1.jpg

       「みんな、いい子でよかったにゃ、ママ」
       みんなお互いに仲良くしてくれているのが一番嬉しいよ。

しかし…結局3匹ともあまあまにゃんこ。
今では大猫3匹が私の入浴中バスタブの縁から動かず。
結局、にゃんこという生きものは、みんな例外なく飼い主べったりのあまあまになるんでしょ?
誰だ、猫はさほど人になつくものじゃないと言ったのは。


で…この兄弟、
生後8.5ヶ月現在、まいこ〜が5.0kg、ルカちゃんが4.5kg。
まいこ〜の体重はジャストちぃやとおんなじ。

20110115bros2.jpg

      遊び盛りですから、いったん「オダチ虫」が騒ぎ出すともう大変。
      これまでにいくつのものが壊れたか…

ところで、気になっていることがひとつ。
体型・骨格の遺伝子がもともと違うのかもしれないけれど、
特にまいこ〜…ぶっといんです。
お腹なんか、上から見て外に出ているほどではないけれど、
とにかく太くて丸々ぱんぱん。

生後1年までは成長期なんだから好きなだけ食べさせていいと、
アバウトにそう信じてそうしてきた私ですが(千夜もそうしてきた)、
もちろん猫用の食品以外一切与えてはいないし、
一時に比べると兄弟の食欲もだいぶ治まってきて、
私が思う分にはさほどの大食漢ではないはず―
でも去勢手術の影響も考えなくてはならないのか、
まいこ〜に限ってはこのままではデブリンになりそうな―いやな予感。

20110108mj1.jpg

     「だってまいきょ、まだまだ大きくなるにゃん?」
     縦に大きくなる分には一向にかまわないのだが。

「生後1歳までは食べたいだけ食べさせてOK」は、もしやまちがい?






ニックネーム Lin at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

GodfatherとSexy men

出た・・・!

20101106god1.jpg

      千夜とそっくりだけど、千夜じゃありません。
      千夜より2周りほども大きい。
      眼光鋭く、野性味あふれる姿。

まいこ〜とルカちゃんの家族にごはんと寝床を提供している家の人が言うには・・・

なぜ千夜のようなロシアン&コラットもどきがちょくちょく生まれるかというと…
春と秋の繁殖シーズンになると、
どこからともなく、それはそれは大きなブルーの猫が現れるんだそうで、
それがたぶん父猫だからだろう、と。

私はひそかに、「流しのロシアン・マフィアみたいなやつ」と想像していたんですが…

20101106god2.jpg

      まいこ〜を見つけた乗馬クラブの敷地内で遭遇。
      人間を恐れるわけでもなく、かといって近づかず。
      野良ちゃんとしたらやせていないし、でも毛ヅヤはあまりよくないなぁ・・・
      この風格、まさに「Godfather」

尻尾の具合も小さめの頭も体つきも、こ、これはまさしく千夜の父親かも!
ルカちゃんはともかく、まいこ〜の親戚かも!
(まいこ〜の従姉妹には千夜とそっくりのりるちーちゃんがいるし)
・・・が、ずいぶんかわいい女の子っぽい声で鳴いていたので、
案外ロシアン・マフィアではなく、その娘か…?

なんだか圧倒されるほどの威厳に、しばしたじたじとなったのでした。。。
またぜひともお会いしたい。


さて、もうすぐ生後漫6ヶ月になるまいこ〜とルカちゃんは
18日には二人そろって去勢手術を受けることが決まっています。

20101026c_l1.jpg

     ルカちゃんの背中は、ベージュがかったコートが消えて、
     千夜と同じ光沢のあるブルーのコートに変化しました。
     でもお腹の方はベージュ混じり。

特にルカちゃんの成長は著しく、
ここ数日で体重はついにまいこ〜に追いついた感じです。
3kgはとっくに超えてますね。
それもそのはず。
まだまだ誰よりも食い気だけは負けてない。
いつも千夜のごはんまで奪ってしまうので、
ごはんタイムは千夜だけ別の場所に隔離して食べてもらっています。

20101103lu3.jpg

     相変わらずシャイで甘えっ子で、
     私と一緒に寝るのが大好き。
     でも普段の就寝時はケージレストになるんだけど、
     いまだにいつまでもいつまでも鳴きやまない…
     千夜とまいこ〜はケージに入るとほとんど物音すら立てないのに。
     「りゅか、ひとりぼっちがいやにゃんだもん」

まいこ〜は、本当に頭がよく、私の言葉を一番よく理解しているみたい。
どの子よりも手がかからない、いい子ちゃん。
が…甘えるときは全力で私の口にむしゃぶりつくのは相変わらず。

20101103mj3.jpg

     「まーきょにゃ、Godfatherみたいにかっこいいメンズににゃるよ」
     あ、見慣れてきたかな?鼻の大きさ…

ホンモノのオトナのオス猫になるべく、もうじき去勢手術ですが…
ちょっとだけ心配しているのが、
まいこ〜の男っぷりが少しでも損なわれるようなことにはならないかと。

なぜって、うちのまいこ〜くらいセクシーなオス猫はいない!と断言できるからで。

20101107mj1.jpg

     @まいこ〜には白い胸毛がある。
     「ちょっぴり、ちらり」

20101107mj3.jpg

     Aお股にも白い毛が。いや〜ん、なんでだ〜
      「デリケートゾーンにゃ」

20101107mj2.jpg

     Bさらにさらに…!腋毛もあるっ!
      きゃーーーーっSEXY!!!

他は全部真っ黒なのに、なのになぜよりによって、こんな場所だけ!
…どんなにつらい事があっても、
まいこ〜の腋毛を見るとたいていの場合笑えます。

こんなにぷんぷんとSEXYな男、ちょっといないよ。

20101103chi2.jpg

      「第2成長期には、ちょと早いんじゃにゃいの…?」
      早熟なんですよ。。。

20101106lu1.jpg

      「りゅかはマッチョなにゃんこ路線じゃにゃいもーん」
      ルカちゃんはマッチョにならなくていいから、デブ猫化に注意。



ニックネーム Lin at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

誰に似たの?

長いこと動物と寝食を共にして初めて気がつくことがまだまだ毎日のようにあります。

ふふふ・・・
わかってきたぞ。

今、「全力」で私に甘えることに懸命なマイケルジャクソン 生後4ヶ月のこの子も、
そろそろ新しい成長の段階に差し掛かってきたようです。

20100909r_m1.jpg

     りえちゃんに抱っこされて。
     すでに「誰でもOK」の心境ではないみたい。
     この子はもともと千夜ほど抱っこ好きではありません。

彼の心の中に、確実に何か新しいものが芽生えてきている。
私に必死に全力で甘えながらも、なんとなーく・・・
「この人は母ちゃんだけれど、自分やルカやちぃ姉ちゃんとは違うようだ・・・」と、
私をじーっと硬い表情で見つめるようになってきました。
ただただ無邪気な仔猫ではなくなってきているのです。

20100910mj1.jpg

     案外シリアスなオス猫に成長したりして。
     この顔で。いいけど。
     「まーきょにゃ、色々聞きたいことがたくさんあるような気がするにゃ・・・」

そんなまいこ〜に比べると、
野良ちゃんファミリーとの生活が長かったルカちゃんは、
最初から承知済みだからなのか、かえって迷いや疑問は感じていなさそう。
いたってのんき、陽気、屈託がない感じです。

20100915lu1.jpg

     ルカちゃんの口角はロシアンのようにきゅっと上がっているので、
     いつでも微笑んでいるように見えます。
     「りゅか、笑ってにゃいもん」
     目を瞑っていてもかわいいんだから、っんとにもう!
     鼻の頭は傷ではありません。濡れると黒く変色するのでいつも違う傷のように見えます。

20100915mj1.jpg

     ・・・なのに、まいこ〜のねむねむの顔ときたら!この立派な鼻!
     あ、遠慮なく笑っていいのよ〜
     「にゃにがおかしいのにゃあ?」
     ぶちゃいくなほどかわいいというのもまた真実で。

20100914lu2.jpg

     しかも、ルカちゃんは色っぽい。ときた・・・
     おとなしいにゃんこであることには変わりないけれど、
     まいこ〜に負けず走るし、はしゃぐし、決して脆弱な感じではなくなりましたよ。

そんなBOYSたちが日々大きく成長していくのを千夜は私よりももっと確実に見ていて、
千夜も私と同様に「もう赤ちゃんじゃなくなってきている」と感じているのかも。
彼女の心の内が見えるような気がする。


よくペットは飼い主に似る、というけれど、
ずっとうさぎたちも多頭飼いしていて感じたのは、
本当に飼い主に似てしまう子、というのはある条件下で起こる現象ではないか、と感じている。

飼い主と自分と、1対1の関係性を持った子だけが良くも悪くも飼い主にリスペクトされる、と
私は感じています。

これまでの子たちの中で、「自分に似ている」と感じたのは初代うさぎのあちゃと、
2007年に亡くなったテポドン。
この子たちは一時期他に仲間もいなく、一人っ子として過ごした期間があるのです。
その他の、一人っ子の期間を経験したことのない子たちは、
ほとんど飼い主に似る、という感じにはならなかった。

だから今、うさぎのラムタラも炎龍もモルモットのののちゃんも、
けっして飼い主の私の影響が色濃いと感じるものはないし、
それはまいこ〜やルカちゃんも同じ。

20100909f_n3.jpg

      「あだすらがおがざんに似るわけ、ないでそ」   
      「でちょ」

で・・・
今、「あぁ・・・自分に似てる・・・」と嘆かわしく感じるのは、実は千夜。

20100916chi1.jpg

      「え?ちぃが誰に似てるとにゃ?」

彼女は長いこと猫族としては1匹きりで、その分、今のまいこ〜やルカちゃんとは比べものにならないくらい、
私と1対1で密接に暮らしてきたからなんだろうと思うのです。

あちゃ、テポ、千夜―
共通しているのは「強情」「素直じゃない」「怒りっぽい」「(特定の対象に対して)情が深い」

・・・なんだか非常に申し訳なく思うのでした・・・

20100916f_c1.jpg

      「あんだもお気の毒です」
      「気の毒と言われてもにゃ・・・そうなのにゃ?」





ニックネーム Lin at 20:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

巨大化ホルモン注入kiss

やっと涼しくなってきました。
と言っても、日中はまだまだ日差しがきつく、いつもの9月中旬とは思えない気温ですが。

20100909f_n2.jpg
     「あだすらもやっと扇風機ストップしたです」
     「あれ?こっちはにゃんこ専用ブログぢゃないでちゅの〜?」
     ま、いいじゃん、どっちでも。
     飼い主もうほとんど見分けもつかない状態なんだもん。

20100909f_c2.jpg
     「ママは時々、ちぃのことを“にこちゃん”と間違って呼ぶことがあるにゃ」
     「あんだとぞっくりの毛並みのうさぎがいたらすいですよ」
     じょりじょり炎龍の耳をなめる千夜。

先日生後3ヵ月半で2度目のワクチン接種を受けたマイケルジャクソン、
生後6ヶ月の平均体重に匹敵する2.4kgという記録?に戦慄していた私ですが・・・

20100904mj1.jpg
     「大きくなれと言うたのは、お母ちゃんにゃ!
     お母ちゃんのチューが原因だとみんな言うてるにゃよ」
     ええい、うるさいな・・・

20100909n_m2.jpg
     「そうでちゅ。まーくんのせいぢゃないでちゅわ。おかあちゃまのちゅーよ」
     ・・・ののちゃんまで・・・あんたも女の子のモルとしては巨大だもんね・・・

まいこ〜の兄弟のルカちゃんは、生後3ヶ月の最初のワクチン接種時で1200gしかなかった・・・
つまり、まいこ〜と700gくらいの差があったわけで・・・

生まれてほとんどすぐに私に育てられたまいこ〜と、
3ヵ月近くまでオッパイやゴハンが十分ではなかったルカに差が出るのは仕方ないとしても、
やっぱりなんとかまいこ〜に追いついてほしい。

20100904m_l1.jpg
     ルカはふかふかしているので大きく見えるけど、
     実はまだまだガリガリちゃんなんです。

いや、ここまで大きくならなくていいから、せめて差が縮まっていてくれればなんとなく安心、と
来週の2度目のワクチン接種時の体重測定に期待している私。
(あえてうちの体重計では量らないの)

20100911lu1.jpg
     期待するのには根拠がある。
     私の信頼のおける腕秤ではちょうど2000gくらい。
     誰よりも一番食べているし、ここ最近はとっても活発に走り回るようになったんです。
     「ママ、おっきくなるクスリのちゅーをしてにゃ」
     さあ、ちゅっちゅっしまくるぞ。

20100905lu2.jpg
     で、あとは巨大化の呪文を唱えて寝かせつけます・・・
     「あぁ〜ん、カラダがむじゅむじゅするにゃ〜」
     寝て起きたら、100g増えてるよ。←(大嘘)


ニックネーム Lin at 02:53| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

正真正銘の「末っ子」ですから

この子は・・・結局養子には出さず、うちの子になりました。
名前はLuca(ルカ)。

20100825lu1.jpg

     「一応、男の子にゃ・・・」
     最近、肩周りだけ短毛に。それ以外は中途半端にちょっとロン毛。
     もしかしたら、まだベビーファーが残っていて、
     最終的には全体に「セミショート」程度になるのかも。

あまりにおとなしすぎて、まいこ〜と同腹の兄弟のはずなのに体も小さく、
あまりに脆弱で・・・
当初ほしいと言ってくださっていたご家庭には遊び盛りのお子さんが3人もいることから、
どうもこの子には辛いことになるのでは・・・と、勝手な想像と心配でついに手放せませんでした。。。ははは。

家なき子の養子斡旋なんだから、最低限以上のことはあまり注文をつけるべきではないと思いつつも、
本当にあまりにおとなしすぎるもんで。
幸い健診では目立った感染症もなかったけれど、
先日初めてのワクチン接種時の検便では回虫が見つかり、
千夜、マイケルジャクソン、そして飼い主の私・・・の全員で駆虫薬を飲みました。
「やっぱりね〜」という感じ。

20100821lu2.jpg

     体重は1200g。まいこ〜より遅いワクチン接種で、
     まいこ〜の接種時より500gも軽い。
     それでも、うちに来てからだいぶ大きくなったんです。

昔、飼い始めたばかりの子犬がやたらとおとなしく元気がなくて、
お腹に虫がいることがわかり駆虫薬を飲ませたら、
小さな体から洗面器一杯分の回虫が出た、という体験がある。
その後普通の子犬らしく元気はつらつになったので、
ルカもいるのでは・・・と予想していた。

とはいえ・・・「駆除した!」と実感するようなものは何も見なかったんで、
それほどすごい数の虫が巣くっていたわけではなかったらしいんだけど、
それでも駆虫後は、かなり元気になったように感じられる。
私や千夜、まいこ〜、この家の暮らしにすっかり慣れたというのもあるんだろうけど、
かなりすばやく走ったりジャンプしたりするようになってきたし、
まいこ〜との取っ組み合いもたまには反撃したり、自分から仕掛けたり、
私の手にも遠慮しながらもじゃれるように。

20100828m_l1.jpg

      「にぃちゃん、にゃにそれ、おもしろいのにゃ?」
      「まいきょはヒモを見るとにゃ」

20100828m_l2.jpg

      なに、こいつら、、、マンガみたいな表情して(笑)

20100828lu2.jpg

      「りゅかもちょっとだけにゃ〜・・・」
      まいこ〜のように激しくじゃれるということは皆無。
      おそるおそる、そよそよ・・・

まいこ〜をはじめルカの兄弟いとこたちの中には、
この子と同じように長毛がかった子は1匹もいない。
もしかしたらこの子だけ父親が違うのかも・・・
とすると、まいこ〜とはかなり性質が違うと考えて接した方がいいかも。

時々、千夜のお腹の中に顔をうずめておっぱいを捜すしぐさをしている。
千夜は戸惑い気味にすぐに身を引いてしまうので、ちょっとしょんぼりした表情をするのがかわいそう・・・

ルカは当然母猫を覚えているわけで、
となると、むしろ物心がつかないくらいの乳児で保護して育てて、
今も私を母親と信じ込んでいるまいこ〜の方が結果的には幸せと言えるのかも・・・

20100826all1.jpg

      3匹でかたまって寝るようにもなりました。
      この際、床面積の大きいケージ1個に全員で寝てもらったほうがいいかなぁ。
      いや、待て。今はまだしも、1年後まいこ〜とルカもちぃやくらい大きくなっているはずだから・・・

おもちゃもすぐにまいこ〜に盗られるし、じゃれあっても組み倒されてばかりだけど、
今、ルカが唯一ちぃやとまいこ〜に勝てるのは「食い気」。

回虫は駆除したはずなんだけど、相変わらずすごい食べっぷり。
一時どこまで食べる気なんだと危ぶまれたまいこ〜の食べっぷりも、
今は多少の好き嫌いも出てきて、かなり落ち着いてきたので、
うかうかしていると、自分の分までルカに食べられてしまいます。

ま、食欲があるということは、急いで大きくなろうとしている、
生命力はみなぎっているという証拠。
元気で健康でさえあれば、こんなゆるゆるスローモーなにゃんこがいても面白いよね・・・

20100828lu1.jpg

      フラッシュをたくと、表情がきつくなってしまう。
      実物より精悍な感じでいいけれど。

20100827mj1.jpg

      まいこ〜はここ数日でまたぐっと大きくなったような気がします。
      尻尾と手足が長い!(今のところ)

20100828mj2.jpg

      栄養が行き届いているのか、ピカピカの黒猫ヤマトちゃんに。
      わき腹に薄く入っていたトラ模様がほとんど見えなくなりました。
      「ママがまーきょのことをぶちゃいくと笑ってちゅーするにゃ。
      それってまーきょがかわいいという意味にゃ?」

20100827chi2.jpg

      ちぃちゃんは自分も遊びたくても、仔猫たちのおもちゃは絶対に奪わないね。
      でも、仔猫たちをケージで寝かせた後、しばしママと二人だけの時間になると・・・

20100827chi1.jpg

      「ちぃのボンボンにゃっ!」
      仔猫たちの目が届かないときだけ、以前と変わらぬちぃやに戻ります。
      そんなに気を遣わなくてもいいのに。
      1日1回は千夜とだけの時間を作っています。

20100827chi3.jpg

      「あそこにあるボンボン、ママも触ったらだめにゃ〜」
      


ニックネーム Lin at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

MJの初ワクチンと、りるちーちゃんの旅立ち

何が何でも、まいこ〜の初めてのワクチン接種時までに
まいこ〜の正式名を決めなきゃ、と思っていたのに、
結局・・・どうしても、というか、本気で考える暇がなかったというか、
思いつく名前のことごとくが自分や周囲の友だちに却下されたというか・・・
やむなく先日初めてのワクチン接種も「マイケルジャクソン」で受けてきました。。。

もう、いいや。
普段は「まいこ〜」とか「まーくん」で用足りてるわけだ し、
1年に数回診察時に恥ずかしい思いをすれば済むことなんだし。さ。ね。。。
絶対に里子に出すつもりだったので、その決意を覆さない戒めの意味もあって、
あえてありえない仮名にしたというのに、ほんとに・・・ありえない結果に。。。
純正M.Jファンの皆様、本当に申し訳ありません。
せめて名に恥じぬよう、肥満に気をつけ、世界一のイケメンにゃんこに育てます。

本当はもう2週間ほど早くても接種できたはずなんだけど、
鼻水や白い目やにといった気になる症状が完全に治まるのを待って、結局生後2ヵ月半でということに。

20100804mj1.jpg

     待合室で。すでに怖くてしがみつきっぱなし。

ちぃやと同様、暴れる度胸もなく、私にしがみついている間に注射完了。
やっぱり院長先生に「Linさんちの子は猫でもうさぎでもみんな飼い主さんべったりで
聞き分けのいい、おとなしい子達ばかりなので、じっくり診れます」とほめられたよ。
・・・先生、数ヶ月前モルのののちゃんに咬まれて流血したのを忘れましたね・・・?

うちの子たちで、唯一診察台の上で抵抗する根性があるのは、ののちゃんだけ。

で!
驚愕の事実が。

まいこ〜、生後2ヵ月半で体重1.7kgもありました!
標準体重から行くと、生後4ヶ月近くになるはず・・・
ちぃやの初めてのワクチン接種は今のまいこ〜より1週間ほど早かったけど、それでも1.2kgだった。
多分、ちぃやの2ヵ月半は1.5kg程度だったはずで、それでも「大きい」と当時から言われていたのに、
まいこ〜はさらにそれを上回っています。

20100804mj2.jpg

     「まいきょ、ラトーヤより大きくなるからにゃ!」
     別に競わなくてもいいんだけど。

だいたい、お手々が大きいもの。
おとなのちぃやとまったく同じ大きさ。
体がまだ小さくて細いのに、手だけ大きくて、まるでぶかぶかの長靴でも履いてるみたい。

そうか・・・キミもLin家の生きものにふさわしく、しっかり確実に巨大猫になるんだね・・・
今ちぃやが6s近くだから、男子のまいこ〜はきっと・・・7s越えは確実ですね。。。
大柄のマイケルジャクソン・・・うーむ。

20100808mj1.jpg

     手足も大きいけど、鼻もでかいね、キミは・・・
     「すぐに鼻を拭かれるからにゃ〜」

それでも、本猫はいたって赤ちゃんなので、
激しくちぃやや兄弟仔猫とじゃれて遊んでいても、
眠くなると、必ず私のひざ・・・もとい、そこから顔までよじ登ってきて、
ひとしきり私の口にしゃぶりついた後は、ぐにょぐにょあくたれてから寝る・・・というのを
まだとめどなく繰り返します。
物心つくころから、目も開かないときから私に育てられているので、
彼はまだ100%私を母親と信じ込んでいるようです。
どんなにふだんちぃやと一緒にいても、ちぃやが献身的に世話してくれても、
まいこ〜にとってちぃやは守ってくれるおねえちゃん&遊び相手であり、
何かほしがる、眠いなどということは絶対にちぃやにではなく、私に訴えてくる。

ちぃやが、自分とは違うけれど、この人が母親、と理論的に解釈して私に甘えるのとはかなり違う感じ。

今のまいこ〜にとっては、同族のちぃやもニンゲンの私もうさぎの炎龍もねずみのののちゃんも
ただただ自分のファミリーという感覚でしかないのでしょうね。
なかなか興味深い成長過程です。

20100804mj3.jpg

     「ママ、まいきょネンネするから、顔かしてにゃ」
     人間の子どもと同じで、眠くなると悪たれる悪たれる・・・
     こんな悪たれ方、ちぃやはまったくしなかったんだけど。

あ、保護猫ちゃんたち?

20100808l_b1.jpg

     いつも2匹で寄り添っていたけど、、、

りるちーちゃんは、今日里親さん宅に旅立ちました。

20100808lc1.jpg

     こんなになついていたのに。
     でも、私以上にりるちーちゃんを大事にしてくれる人がいるなら、
     私はこらえることにしました・・・

そのことの詳細はまた後日。

20100808n_l1.jpg

     新しいパパとママと。
     元気で、そして世界一幸せなにゃんこになってね・・・

しかし・・・そのことで予期せぬことが。

りるちーちゃんがいなくなったことに気がついたちぃやが、
今、猛烈に鳴いて家中あちこち狂ったように探し回っているのです。
かれこれ、もう1時間にもなるというのに、まだ諦めず、私にも必死に訴えます。
「あの子がいない!どこ?」と。

まさか・・・たった1週間、さほど親密にしていた様子でもなかったのに、こんなことになるなんて。
本当の母猫たちは、私が捕獲したときもぜんぜん気にもかけない様子だったというのに。

20100804c_l1.jpg

     本当の親子のようだったのにね。
     ごめんね、ちぃや。

りるちーちゃんが行ってしまって、ちぃやの悲しい鳴き声で、ますます感傷的になってしまう・・・

ちぃや、本当に哀しいほど優しい心の猫です。。。

 
ニックネーム Lin at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

もどきちゃんがやってきた!

なかなか更新できず、やきもきしています。
日々まいこ〜の成長には驚かされることばかりなのに、その記録を残す時間と体力が・・・

20100725mj3.jpg

     こーんなに男前になりましたよ〜
     相変わらず鼻水と目やにが少々・・・のメクソ坊主と呼ばれることもしばしばですが・・・

20100715c_m1.jpg

     「毎日ちぃが舐めてきれいにしてあげてるのににゃあ」
     「おねいちゃんのべろ、ちょっと痛いにゃ」

20100725c_m1.jpg

     「・・・・なんか文句言ったかにゃ・・・?」
     「!」

20100725c_m2.jpg

     「せっかく優しくしてあげてるのににゃーーーーっ」
     「あにゃーーーーっ」
     
と、毎日にぎやか、というより騒がしい我が家。。。

あ、名前?
まだ考え中。

なかなかいい名前が見つけられないと思っているうちに・・・

20100731l_b1.jpg

     美猫2匹が、なぜか加わってるし。
     超・衝撃的かわいさ!

左側のロシアンもどき、ほんっっっとに千夜の幼少期とまったく同じです。

実はこの子達、まいこ〜の兄弟(長毛の方)といとこなんです。

1匹でも2匹でも、このまま半野良ライフになるより大事に飼ってくれる家庭をと、
まずは準・予約組のこの子達から引き取りました。

20100731lc1.jpg

     ほんとに小さな頃の千夜。今なら「ロシアン」と偽って稼げますな(笑)

20100731bub1.jpg

     この子の目の縁取りときたら!なんてゴージャスで美しい猫なんでしょう。

あぁ、この子達手放すのもったいないなぁ・・・(←誰か、私を止めて)

まだあと5匹くらいいるので、1匹でも2匹でも引き取り先を見つけてあげたい。

20100731chi1.jpg

     「にゃーんか見たことあるような仔にゃんがいるにゃあ・・・」
     そりゃ見たことあるでしょうよ。。。

20100716mj1.jpg

     「まいきょはよくわかんにゃい・・・」
     あんたの肉親なのに、全然興味なし。

詳しいことはまた後日。


ニックネーム Lin at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

まいこ〜のファミリー

2日前、しばらく治まっていたまいこ〜のくしゃみと鼻水がぶり返し、
しかも今回は白い目やにも多く出たので、病院に連れて行った。
やっぱり・・・カリシウィルス・キャリアは確実だろうな。
ほんの少し微熱はあったものの、
元気も食欲も失わず、1度の投薬でまたもけろりと治まってしまったけれど、
この子は・・・これからも風邪を引かせないよう相当気をつけなきゃ。
この点、まったく無病息災な千夜とは決定的に違うところ。

20100709mj1.jpg

     病院の待合室で。
     体重はちょうど1kg。
     来週か再来週で最初のワクチンの接種適齢週となるのですが・・・
     1週間投薬を完了してからのほうが安心かな。

ところで・・・
先週もまいこ〜を保護した乗馬クラブの敷地に野草を摘みに行くときに目撃していたのですが・・・

その乗馬クラブの入り口前に、
いつも野良猫に犬小屋と餌を提供している家があって、
その家のベランダでくつろいでいる野良ファミリーを今日も見ました。

先週は成猫・・・おそらく母猫と父猫・・・いや、姉か親戚の雌猫?の2匹に、仔猫が4匹。
この家族・・・間違いなくまいこ〜の元ファミリー。

20100711family1.jpg

      今日は母猫と2匹の仔猫しか見られませんでした。
      あとの2匹、ちゃんと元気にしていたらいいんだけど。
      先週は道路の近くにいたのでカリカリフードをあげられたけど、
      今日はよその家のベランダで寝ていたので遠慮した。

ここから先は多少のファンタジーが入ります。

まいこ〜を保護した当日は野草を摘めなかったので、
翌日改めて乗馬クラブに野草を摘みに行った。
その時・・・お腹から下だけ白い黒猫が、すごくせわしげにおろおろとした様子で、
乗馬クラブの敷地からあの家に向かう様子を見ていた。

・・・もしや、まいこ〜の母猫?
まいこ〜を探している?
あぁ、猫語が話せたら・・・と、私もただ見送るばかり。

20100711mj3.jpg

      「もちかちて、ボクにゃんの出生の秘密を話してるんにゃ?」
      いや、そのうちちゃんと説明してあげるからさ。

20100711mj6.jpg

      「今話してほしいにゃ〜!」
      まだ自分の影にも興奮してじゃれつくお年頃ですからね・・・もう少しオトナになってから。

それから次の週も、また同じ猫を乗馬クラブの中で見たのです。
やはり、おろおろとひどく気ぜわしげに走り去っていきました。

まさか、まだまいこ〜を探してる?
もう1週間にもなるんだから、とっくにあきらめているか、
いや、だいたい目も開いていない子が半日以上も絶叫しているのに迎えに来なかったんだから、
最初から捨てたつもりと思っていたけど・・・

と、気になっていたところ、先週この家族と巡り会った。

仔猫たち、模様はそれぞれ違うけれど、大きさ、体型はまいこ〜とおんなじ。
まいこ〜と同じく、全身黒に見える仔猫も1匹いた。
まいこ〜保護当日、牧草の中に2匹の仔猫を発見したという大学生が
「灰色と白黒ブチの仔猫」と言っていて、たしかにそのとおりだし。
というより、まいこ〜だけは私が保護してから、おそらく食べることだけにかけては
他の兄弟たちより一番恵まれているはずなのに、
皆まいこ〜と同じくらいの大きさ。もしくはそれ以上。

ということは・・・
多分―他の兄弟たちは皆眼も開いて、
母猫は確実にゴハンがもらえる家に引っ越すことに決め、
でもまいこ〜が一番育ちが悪いかウィルスのせいで目やにで目が開いていなかったので、
順番に移動をしている最中に、母猫とはぐれたか、ついていけなくなったか、
言いつけを守らず母猫を探して牧草の巣から勝手に出てしまったか―

20100711c_m2.jpg

      「ママ、そういうことはまいこ〜がもう少し大人になってから話してあげた方がいいにゃ」
      
やはり、まいこ〜の保護翌日と翌週に見た猫が4匹の仔猫たちの母猫でした。
そして・・・やはりまいこ〜を何日も何日も探していたんだと確信した。
5匹も仔猫がいたら、もしかしたら全員移動を完了するのに2,3日かかることだってあるかもしれないし。

この子は親に見捨てられた子、と思っていたけど、
決してそうじゃなかった、母猫は何日もお前を探していたんだよ、といつかまいこ〜に話してあげよう。

でも、あのままあの家族の元にいられても、この子は育たなかったかもしれない。
保護してしばらくも肌寒い日が続いていたし、
今ほど十分に栄養も摂れないとなると、はたしてこの洟垂れ小僧が無事育ったかどうか―

20100711mj4.jpg

       「ハナたらしてないにゃ!」
       ・・・今日はね・・・

そういうわけで、猫神様は私に「頼む、もう1匹」と私に押し付けてきたんだ、と解釈することにした。

先週、母猫にカリカリをあげながら、
「まいこ〜は大切に育てるから心配しないでください。
気をもませてすみません」と話したけど、あぁ・・・猫語マスターしてないもんなぁ・・・

20100711chi1.jpg

      「ちぃとしか通じないからにゃ〜・・・」
      先生、月謝はカニカマでお願いします。

20100711mj1.jpg

      あのまま放置しても、カラスにやられていたかもしれないし・・・
      一人、兄弟とは違う道を歩むのもマイケルジャクソンらしいとも言えるしね。
      あ、早く名前決めなきゃ!

20100711mj5.jpg

      「真剣に考えてないといううわさを聞いたにゃ・・・」



ニックネーム Lin at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

にゃんこ比較

これまで猫飼い友だちや病院などで、ことごとく「ちぃちゃんはおとなしい」と言われてきて、
そのたび「そんなことはないだろう」と心の中で反論してきたのですが・・・
今になって、本当にそうなのかも、と思い始めています。

マイケルジャクソンが千夜と違って男の子、ということがどれほど関係あるのかはわからないけれど、
この頃の千夜と比較する限り・・・ほんっ・・・・とに、やんちゃ!
騒がしい!落ち着きがない!
常に私か千夜に絡みまとわりついていないと気がすまないみたい。
走り方もはしゃぎ方も千夜の2倍の勢いがある。

20100705c_m3.jpg

      だんだん大きくなって力も強くなってきたのに、
      千夜は辛抱強くまいこ〜の相手をしてくれます。
      こういう様子を見ていると、
      ごく幼いうちにたった1匹だけで私と暮らしてきた彼女が、
      どれほど寂しい思いをしてきたか、と今さらながらに申し訳なく思う・・・

20100705c_m1.jpg

      少し前まで、千夜がまいこ〜を怪我させないかと心配していたのに、
      今は逆に加減を知らないまいこ〜が千夜に怪我させるのでは、とはらはら。
      千夜ももっときつく叱ってやればいいのに。。。

20100705c_m2.jpg

      「ママの許可が出たから、指導するにゃ。
      いい加減にしにゃいと、本気で噛み返すからにゃ!」
      お、ちぃの睨みが出た!

20100705mj3.jpg

      「あにゃにゃにゃーれーろれろれろにゃっ!」
      ・・・ちぃ、ガッツリやってやんなさい・・・

20100703c_m4.jpg

     「み゛ゃーーーーーっ」
     体勢が不利になると、とたんに赤ちゃん声で悲鳴をあげる・・・・

もともと、ちぃはおとなしい性格だったのか、
それとも、遊び盛りに遊び相手がいなかったからこうなったのか・・・
生後3ヶ月くらいまでは親兄弟と一緒にいさせるべき、というのは本当だな、と思います。
今さらだけど、遊び足りなかった幼年期をまいこ〜相手に取り戻してほしい。

20100705chi2.jpg

     「子ども時代を取り戻す?
     ・・・M.Jのトラウマみたいだにゃ・・・」

さらに・・・
彼の過酷な出自のゆえなのか、ただの性質なのかはわからないけれど、
とにかく、食欲がハンパない!
まだやっと1sなのに、千夜の3倍の量を食べている!
この頃の千夜は、もっと食べてほしいと思っても、
やっぱり体の大きさに見合った量しか食べられなかったというのに、
まいこ〜は毎度「まだ食べるの?」「もう完食?」と思わず聞き返してしまうほど。
いくら成長期とはいえ、ほんとに大丈夫か?と心配になるほど食べる。
しかも、ガツガツ大急ぎで食べる。

20100707mj2.jpg

     「ごっちょちゃま。おかわり」
     え?もう・・・?

もっとも・・・カリカリはあまり食べず、缶詰フードばかりほしがるので、
これからは心を鬼にして、カリカリ主体のゴハンに切り替えていくつもりだけれど。
この食べっぷりは、モル族並み・・・

で・・・当然ながら、猫砂の消費量も3倍に。

猫が1匹増えて、何が大変て、
猫まんまや世話など以上に、、重い猫砂の仕入れと、重いごみ出しが一番大変。
これまで千夜1匹だと、1ヶ月ちょうど10リットルの猫砂1袋で間に合っていたのだけど、
これからは1ヶ月3袋は覚悟しなきゃならないなぁ。
ごみ出しも有料だから、ごみ袋パンパンにして出す頃には、ちっこでさらに重量を増しているので、
毎度、腕が抜ける〜というほどとんでもない重さだし。

ちょうど今、近所のドラッグストアのペット用品が全部3割引なので、
これ幸いとフードや猫砂を行く度せっせと買い込んでいます。
店員さんに、かなりの多頭飼いと思われてるかも・・・

20100705cM1.jpg

      「ちぃはどちらかというとカリカリフードの方が好きにゃのににゃ」
      「やーらかいのがいーにゃーあ」

それと・・・
このように豪快にはしゃぎまわり、豪快に食べまくるくせして、すでに人見知りをするというのはどういうわけ?
今はほとんど私以外の人には絶対になつかない千夜だって、
この頃はまだ人見知りなんてほとんどしなかったのに。

先日、何組かの里親候補者さんたちがお見合いに来たときも、ひたすら逃げたり隠れたり。
猫のお見合いだというのに、肝心の千夜とまいこ〜は超無愛想で、
関係のないうさぎの炎龍がいつも通り一番愛想を振りまく・・・という展開に冷や汗でした。

20100627g_m1.jpg

      里親希望者さんと。嫌がって、ぜんぜんじっとしていない。

20100627m_m1.jpg

      なのに、この時同席してくれたミカさんには、久しぶりでもちゃんと覚えていてベッタリ。
      ミルクをもらった・・・・という記憶はいつまでも鮮明なんだろうか。

この分では、下手をするとちぃや以上に人見知りの激しいにゃんこになってしまうのでは―
いくらマイケルジャクソンでも、そんなに今からシャイでは困るなぁ。

それに、千夜がいるから、きっとすぐにも千夜ベッタリになって、
ニンゲンの私にはさほど関心を持たなくなるのでは、と思っていたら、
それもまた別のようで、部屋から部屋への移動、トイレ、お風呂・・・
これまで千夜がストーカーのようにくっついていたのが、
今はストーカー2匹引き連れて・・・に変わっただけ。
よじ登ってでも私のひざの上を目指す。
千夜に負けず劣らずの甘ちゃん。。。

20100705mj1.jpg

      なぜか寝るときは千夜とではなく、絶対に私に抱かれたがる。
      ・・・ブチャカワな寝顔。
      そのうち、巨大猫2匹が私のひざを狙うようになるんだろうか・・・

そうそう。
もう一つ千夜と違うなぁ、と思うのは、耳が大きいこと。
この頃の千夜よりは確実に耳が大きいので、成長後も耳の大きな猫でいてくれたら、と
ささやかな期待を持っている。
もうちょっと長ければ、うさぎのラムちゃまに匹敵するんだけどな。

20100705mj2.jpg

      耳の中の毛が白いのもポイント高し。
      ・・・キトンブルーは消え、今はきちゃない目の色。
      千夜もそうでした。
      最終的にはどんな目の色になるのかな。

ケージの中では騒がずおとなしく、
やたらと鳴かない、トイレ完璧、爪とぎを使う・・・これらは全部千夜が教育してくれたようです。
私は一切なーんにもしつけてないので。
教育係は千夜なので、この際私は一切口も手も出さないことに決めています。
この点は千夜のおかげでほんとにラクさせてもらってます。

20100705chi1.jpg

      急におねえちゃんぽく落ち着いた感じになって、
      私にもしつこく付きまとうことはなくなり・・・
      急にオトナになったような気がして寂しい気もしていたんですが・・・
      まいこ〜がいない場所では、突然以前と変わらず「ママ、ママ」と甘ちゃんモード炸裂。
      そうか・・・小さい子が見ているときには自重しているんだね。

とにかく、私がこれまで知っている猫は千夜1匹限りなので、
千夜の成長過程が参考にはなっても比較することはできないんだけど・・・
これまで、うさぎたちと新たな出会いがあるたび、
それぞれの個性と性質の違いを強烈に見せ付けられ、
そのたびに、ただ「うさぎというものは」というひとくくりの先入観を持ってはいけないと学んできたように、
やはり猫という生きものも同じことが(当然)言えるんだな、と実感。

・・・それよりなにより。
感心ばかりしていないで、早いとこ本名決めなきゃ。
いくらなんでもこの仮名のままではねぇ。
でも、「まいこ〜」が両者ともに定着しちゃってるんだよねぇ・・・
早く決めなきゃ、千夜のように結局仮名が本名になっちゃうよ。

20100707mj3.jpg

      「しげる」「ビリー・ジーン」「チンギス・ハーン」「シンザン」・・・
      どれもイマサン・・・

20100702mj3.jpg

      「ジャーメインてのは?」
      ・・・・それは、ひねりすぎ。


ニックネーム Lin at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

恐るべし、マイケルジャクソン

もうマイケルジャクソン(注:マイケル・ジャクソンではなく、「マイケルジャクソン」。
これで1個の名前ですからね)は養子に行ってしまったか、と思われたかもしれませんね。
すっかりぱったり記録が止まってしまっていたのですが、
その後もまいこ〜は順調にすくすくと成長し、
保護からちょうど丸5週間となる今日で、体重は800gにまでなりました。
多分・・・ちょうど生後1ヵ月半くらいなのではないかと思います。

20100624mic4.jpg

     見よ。見事に美少年にゃんこに成長しつつあります。
     私が育てる子は例外なく美しい・・・ほほほほほ

20100624mic5.jpg

     このもゆもゆした模様のお腹がまたかわいい。

保護時から、4倍以上。
さすがLinさん、大きく育てることだけは天才級ですな。
とはいえ、1ヶ月半で800グラムは平均かな。
保護した時が推測週齢より相当小さめだったので、
なんとかこんとか平均に追いついたというところです。

で、里親さん候補者さんとの面談なども終了したのですが・・・
やはり問題はまいこ〜のウィルスキャリアの可能性について。

募集の際も、まだ詳細な血液検査は受けられないから、
先住猫がいないか、あるいは先住猫がワクチン接種を受けていること、を条件としていたのですが、
非常に理想的と思われる候補者さん宅には必ず未接種の先住猫がいて、
しかも高齢なので、今まいこ〜を迎えるために初めて接種してくれというのもこれまた危険な気がするし、
が、未接種のままでは感染は避けられないし、
それを知っていてまいこ〜を送り出す気にはどうしてもなれないし・・・
先住猫がいない方・・・となると、これまた他に色々心配な点もあって・・・

などと悩んでいる間に、
ちぃやがすっかりまいこ〜を離さない状態に。

20100624c_m1.jpg

     「まいこ〜はちぃのモノにゃっ」
     甘えっ子で神経質なちぃやに限って、
     赤ちゃんにゃんこに心奪われるなんてことはないはずと思ってたのに・・・

もう上階のミカさんにお願いしなくても、ケージでお留守番できるようになったと、
これまでのより一回り大きな小型犬用のケージに変えて出かけたその日―

その日帰ってきたら、なぜ!
ちぃと一緒にまいこ〜が玄関でお出迎えしてた!
・・・ありえない、と思うような幅のケージの隙間から無理やり脱出したらしい・・・

それまで、ちぃやはワクチン摂取済みとはいえ、いずれ別れる相手でもあることだしと、
不要に接触させないようにしてきたのに、これでこれまでの努力もおじゃん。。。

20100620c_m1.jpg

     取っ組み合いのじゃれあいをしながらも、スキあらばまいこ〜のお尻をなめる千夜。
     お尻をきれいにしてあげたい、という欲求は母性の現れですね。

もう今さら仕方ない、と好きにさせておいたら、
2匹して取っ組み合い・追いかけっこの豪快なにゃんこ遊び。
当初は、興奮のあまりちぃがまいこ〜を怪我させるのではとはらはらしていたけれど・・・

20100702chi1.jpg

      
千夜の額や耳は、まだ加減を知らないまいこ〜に噛まれて傷だらけ。
なのに・・・まいこ〜の小さな体には擦り傷ひとつない。
これを見て、涙が出ました。

・・・負けた、と思いました。
もはや千夜にとってまいこ〜はかけがえのない存在になってしまった。。。

20100703c_m1.jpg

     こんな2匹の様子を見るとね・・・

それでも複数匹の保護うさぎを向かえる予定になっている以上、
とてもまいこ〜をこのままうちの子にするわけにもいかず、
里子に出す決意は変わらなかったのだけど、思いがけず保護うさぎを引き取る予定が急遽なくなり・・・

できれば、動物は同種最低2匹ずつで飼ってあげたいと思っていたし、
ちぃやが猫としては例外的に飼い主への執着が強いのも、
それだけ寂しい思いをさせているからだと心を痛めていたこともあり・・・
千夜のまいこ〜に対する愛情を目の当たりにしてしまうと、
これでまいこ〜が突然いなくなったら、
千夜にさらに悲しい思いをさせてしまうことになると新たな悩みが。

いや、もう今回は千夜に負けました・・・

20100703c_m2.jpg

    ちぃやもまいこ〜がかわいくて仕方ないのね。。。
    
ま、上記は千夜にかこつけての言い訳ですね。
私も今回はあまりに大事に大事に、ほとんど舐めながら育ててしまったので、
やはり手放すのは正直つらい気持ちもあり・・・

で、保護うさぎを迎える予定がなくなった時点で、決断。

20100626mic1.jpg

     そりゃ、かわいくないこにゃんなんかいるわけないんだけどねぇ。
     動物の赤ちゃんは、なんでこんなにキョーレツにラブリーなんだろう。
     人間の赤ちゃんをキョーレツにかわいいと思ったことはないんだけど・・・

つうわけで、さきほど里親候補者の全員にお断りのメールを送信。
マイケルジャクソン、うちの末っ子に決定。です。
(この仮名、早いとこ何とかしなきゃ)
皆さん、よろしくお願いします。

あ、驚かない?
どうせこうなることと予想済みでした?ははっ

あーあ、保護した動物をすべてうちの子にしていたら、切がないよ・・・

20100627mic2.jpg

     久々のNew男の子だ。
     まいこ〜にとっては、母親はいまだ私のようです。
     開眼して初めて見た生きものは私だったしね・・・刷り込みさせたのかも。
     あ、鳥じゃなかった・・・

20100702mj4.jpg

     この決断がキミの一生にとって一番いい結果と確信できるように、
     Linさんもますます頑張らねば。

20100625c_m4.jpg

     「ラ・トーヤ、あそぼ」
     それはお姉ちゃんであっても、ラ・トーヤではなく、ちぃやです。

20100625c_m1.jpg

     しっぽで遊ばせる、ちぃや。
     しかし・・・うさぎたちの野草を摘むスポットで、2年もしないうちににゃんこ2匹を授かる羽目に。
     ・・・いい野草がタダで手に入る場所と思っていたら、
     とんでもなく高額な請求書を突きつけられるオチだったとは。



ニックネーム Lin at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

正真正銘の天才にゃんこ!

昨日の夜にミカさん宅からリリースされてきたマイケル。
あれ?大きくなったのは当然のこととして、なんだか急に大人びたような・・・
それもそのはず。
ミカさんが「食べたよ!自分でお皿からベビーフードを食べた!」と興奮して教えてくれました。
ミルクを卒業しつつあるから、そのせいなのかな。

20100612mic12.jpg

     ちょっとだけ少年ぽい感じが。
     うううう、うわっ、カッコかわいい。ほんとに超イケメンだっ!

でも、まだお皿からミルクや水は飲めていないし、カリカリもダメ。
それでいて哺乳瓶からのミルクも嫌がるというので、
今日は離乳食にミルクをたらして、自分で飲める練習と水分補給。
今までそういうことはないけど、おそらく・・・この子は気をつけないと便秘になるかも。
ミルクオンリーでもしっかり硬めの固形ウンピなので。

20100612mic1.jpg

     ちゅーちゅー。食べるというより吸っている・・・
     それでもどうにか全部平らげました。

20100612mic2.jpg

     ・・・・おいしかった?「にゃっ」
     ・・・・ま、食べられたんだから別にいいけど・・・・
     日中のゴハンは「吸う」のではなく、舌を使って口に入れることができるようになり、
     でも、そうしたら夜のゴハンは離乳食を拒否して、千夜のオトナゴハンを横取りして平らげちゃった。

夕べ帰宅直後は、家の中をしげしげと、そして私の顔をしげしげと見つめ、少し戸惑っている様子。    
家と人が変わったことをはっきり認識できるようになったということです。

でもすぐに私の顔や手にじゃれ付き、遊びたい千夜を振り切って私の方に一目散。
まだまだ仲間以上に、母親と思っている(らしい)ヒトの方に夢中です。

20100612mic4.jpg

      動くものやおもちゃにも興味を示し始めました。

20100612mic9.jpg

      猫パンチも上手になってきました。
      でも、まだ力が弱いなぁ。

20100612mic5.jpg

      やっぱり一番好きなのは、私の手にじゃれつくこと。

20100612mic13.jpg

      こちょこちょこちょ〜
      「あにゃっ ふぎゃっ にょひゃっ」

ところで、今まいこ〜専用のケージ(当然ウサギ用のケージ・・・)は、
天井だけで開閉し、側面のドアは開けていません。
出入りは私の手でのみ行うから。
で、ゴハンやお遊びタイムの時間は天井のフェンスは開けたままになっているものの、
側面の出入り口は相変わらず閉じたまま。

今日驚いたのは・・・
お遊び自由タイムの時、落ち着かなく小さく鳴くから、ちっこがしたいのか、と
お尻をツンツンしようとしたけれど、すでにツンツン排泄は嫌がるように。
じゃ、ちがうのか、とそのまま放っておいたら―

気がつくとまいこ〜が必死にケージをよじ登って、天井から中に戻ろうとしている。
そのまま見ていたら、なんとかケージ内に戻り、どうするのかと思ったら、
まぁ〜なんということでしょ〜
ケージ内に設置しているトイレに入ってちっこしたのです!

お、奥様、やっぱりうちのまいこ〜は天才ざますよっ!!!
何が何でも、トイレ以外ではしないぞ、という、この意志の強さ、もって生まれたこの品格はどうでしょう!
やはり・・・名前に負けない天才にゃんこざますっ!

20100612mic14.jpg

      かわいい、だけではすまないのがまいこ〜の魅力。

20100612mim15.jpg

      しかも、、、オス猫って初めてだけど、こんなにかわいい股間をしていたとは知らなかった。
      (ただいまトイレ砂でタマタマが白くなってしまっているので公開できません)
      オトナになったらゴールドパンツはいてもらお♪

20100612mic11.jpg

      さらに・・・この美男子ぶりときたら・・・キミは50年に一度のにゃんこだ・・・(←誰かLinさんを止めて)

明日中にケージの中で水分を取ることとカリカリも食べられるようになったら、
月曜日からはもうミカさんにお願いしなくても大丈夫かな。。。

20100612mic3.jpg

      病院のお薬2回で、鼻水・くしゃみも止まりました。
      このまま症状がぶりかえらなけりゃいいんだけどな。

20100612mic6.jpg

      今日で保護して丸2週間。
      おそらく生後1ヶ月くらいのはず。
      本当に元気に大きくなってくれました。

今日から里親募集の掲載も始めました。
考えるだけで胸がいっぱいになるけど、
きっと私のところにいるよりいいおうちが見つかるはず・・・と信じて。

20100612chi2.jpg

      「ここのうちの子になると、うさぎとねずみがおねいちゃんになるにゃ」

      ※6/12  体重500g(17:00時点) キツン用ウエットフード、成猫用ウエットフード合計約70g、
      ミルク少々 排便(トイレの中に確認)
        下痢なし、鼻水・くしゃみなし

ニックネーム Lin at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

ちゃんと大きくなってるじゃん

結局、月曜も火曜も帰宅はいつも通り深夜となってしまい、
昨夜ミカさん宅からまいこ〜をテイクアウトして、病院は今日になってしまった。
まいこ〜のくしゃみと鼻水、なんとかしたい。

20100609mic2.jpg

     あ、大きくなったと感じましたよ!
     すばやく走れるようになっていたので、びっくり!

保護翌日に連れて行った病院は、いつものおなじみの病院とは別の、日曜日の日中も診察している所で、
今日は・・・仕方なく15年以上うさぎと千夜を見てもらっている、いつもの病院へ。

やでしょー。
まーた捨て猫拾ってあたふたしてるよ〜この人は。って先生に笑われるー・・・

20100609mic7.jpg

     まいこ〜の診察券。
     「また、気合の入ったすごい名前にしましたね」と笑われる。
     いいんだよーんだ。仮名なんだから・・・

やはり思ったとおり、ワイルドキャットなので、
おそらくすでに母猫からウィルス感染してるだろう、というわけで、
でも、目やにはほとんどないし、鼻水もくしゃみも生活に影響するほどとはいえないし、
発熱もないから、一生このままキャリアで鼻水たらして(笑)生きていくとしても、
さほど問題ではないだろう、むしろそういう受け止め方で・・・ということだった。

まあ、承知済みのことなので仕方ない。
これを承知の上で一生まいこ〜を愛してくれる里親さんを決めなきゃ。
それに、保護当初は鼻水もくしゃみもなかったのだから、
もしかしたらウィルス性の症状ではない可能性も少しは残っている。

1週間分のお薬をもらった。
根治ではなくても、このまま症状がおさまってしまう子もいるようだから、それに期待しよう。。。

20100609mic1.jpg

      10日ほどで約2.5倍・・・に、「ご立派です」とほめられる。
      私が?まいこ〜?
      でも、千夜の時も思ったけれど、今回でますます・・・本当ににゃんこという生きものは、
      うさぎと比べて「頑丈」と実感。
      母うさぎがいなかったら、乳飲み子うさぎはまず絶望的だもの・・・

病院の体重測定で430g。
昨夜12時にテイクアウトしてから今朝8時半までまったく鳴かなかった。
でも、それから日中は13時、18時とみんみん鳴くたびにミルク、
そして少々のベビーフードも食べたので、本日夜の計量では460g。

そうなんです!
今日、朝に、ミルクをもっと、とほしがるところをベビーフードを与えてみたら、ぺろりと完食。
これで自分でお皿からミルクを飲める、カリカリも食べられる、となったら、
もうこれでお留守番もなんとかなる。
トイレはすでに完璧。お尻ツンツンも拒否するようになってきた。
ちょうど今で、1年半前に千夜を保護したときの彼女と同じイメージになった。
千夜は保護して1週間程度でカリカリも食べられるようになったから・・・
あと、もう少し。

20100609mic3.jpg

       はしゃぎ方、戸惑い方・・・みんなリアクションが派手になってきた。

20100609mic4.jpg

       しっかし・・・かわいいったらありゃしない。
       きっとM.Jのように、おぢさんにゃんこになっても一生「かわいカッコいい」という
       表現が似合うイケメンにゃんこだな・・・(←Linさん、重症化)

で・・・
今夜から金曜夜までは、またミカさん宅にお泊り。
いればいたで振り回されるけれど、いなくなると、とたんに家の中がしーんとなるような。

一生ミカさん宅には足を向けて寝れませんね。。。
(って、彼女の家は私んちの2階上なので、逆立ちでもしない限り足を向けることにはならないけど)

20100609mic5.jpg

       私の傍らでじゃれて遊んで・・・気がつくとコテンと寝ていました。

20100609mic6.jpg

       枕にしているぬいぐるみと比べても、ずいぶん大きくなったのがよくわかります。


     ※6/9  体重460g(20:00時点) ミルク約100cc キツン用フード少々 排便(トイレの中に確認)
        下痢なし、水っぽい鼻水少々、くしゃみ(ケージ外でだけ)時々

ニックネーム Lin at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

どこで重くなった?

今日には昨日よりくしゃみの回数も減ったし、
水ハナも昨日ほど出ていない。
ケージの中では寝ているせいかほとんどくしゃみしないのに、
起きてケージ外で遊んでいる時に必ずする。
このまま治ってくれたらいいんだけど。

20100606mic1.jpg

     けっこう機敏に走れるようにもなってきました。

千夜よりシャイな性格かな?とは思うものの、
反面、ミルクの調合が好みどおりじゃないとか、
うまく吸えない時の悪たれ方はハンパじゃなく・・・
いらついて哺乳瓶を手で高速でパンパンパンパンと激しく叩きまくる。
(さすがMichael、いいリズム感してる・・・)
それとか、もうお腹いっぱいで眠いときに口の周りをぬぐおうとしたりすると、
腹を立てて、拭いているコットンを両手で口に入れて噛み締める。
目をがっちりつむって、「ん〜っ!」とうなりながら。

・・・かわいいんだけど、かなり頑固というか―

20100606for1.jpg

     まいこ〜が鳴くと、必ず炎龍が走ってくる。
     「ほれ、おがざん、赤子が泣いてるですよ」
     ・・・あんたがオッパイあげてくれたらなぁ。
     にしても、うさぎの授乳は1日1〜2回だから、とてもまいこ〜は満足できないしなぁ。

20100606mic5.jpg

     「そんなにおっきな耳になるのはにゃあ・・・」

やっぱり、今日には400g!
今度は毎日40g増ですね。

が・・・今晩からあさってまでまた預かってくれるMS上階のミカさんがまいこ〜を迎えに来て、
「あれ?さほど大きくなっていないんじゃ・・・」と。

実は、私も体重は確かに順調に増えているけど、
体長はさほど大きくなった気がしていなかったのよね。
でも毎日見ているからわからないだけなのかとも思っていたんだけど、
やっぱりミカさんの目にも、さほど大きくなったようには見えなかったらしい。
第一、ほんとに頭が小さいんだもの。

では一体、どこで倍になったんだ?
メタボなお腹まわりだけ?

20100606mic2.jpg

     ミルクを飲んだ後は、なかなか起き上がれなくなるほどお腹パンパンに。
     ちょっと飲みすぎかな?と思うほどなのに、ウンピが硬めなんですよ。
     ミルクオンリー時代は少々軟便が普通なんじゃ・・・
     毎日コンスタントに出ているので、決して便秘ではないんだけど。

20100606mic4.jpg

     牙が痛い。でも、今は手にじゃれ付くのが一番楽しいらしい。
     まだおもちゃ類には興味なし。    

火曜の夜にはリリースしてくるけれど、
水曜の夜から金曜日までは、またミカさんが預かってくれることになっている。
「この際、どんな手を使ってでも大きくするのが先決」と、
彼女も、彼女のだんなさんもけらけらと明るく受けて入れてくれるのが何より嬉しい。
それに、同じMS内でエレベータだけの移動なので、まいこ〜にとっても負担ゼロでその点も本当に助かる。
(ミカさん宅にはチャッピーちゃんという黒猫がいる。
初めて千夜以外の飼い猫をマトモに見た。千夜よりかなり大きな丸い頭をしていた!
5歳の今は5kgあるけれど、3歳くらいまでは3kgだったとか。
女の子で1歳半で5.5kgはちょっと聞いたことない・・・と言われた・・・)

20100606chi1.jpg

     小さいまいこ〜を見慣れると、千夜が本当に大猫に見える・・・と思っていたけど、
     事実、大猫でした・・・
     「大きいことはいいことにゃ」

20100606chi2.jpg

     しかも、ものすごくマッチョで獰猛な感じさえ。
     実際は超アマアマちゃんだけど。
     このマッチョ大猫が私に抱かれてばかりいるのをミカさんが見て、
     「なんか、似合わない」

あさっての夜、帰ってきたまいこ〜を「大きくなった」と感じるかどうか―

20100606mic7.jpg

    に、しても、だ。なんてイケメンにゃんこなんだろう。

20100606mic8.jpg

    将来は、カリスマ黒にゃんだね。
    かわいくて品がいい・・・Heal the worldなにゃんこ間違いなし。(←Linさん、いよいよまずいですね)

   ※6/6  体重400g(20:00時点) ミルク約100cc 排便1回・適量(少々固め)
        下痢なし、水っぽい鼻水少々、くしゃみ(ケージ外でだけ)時々






ニックネーム Lin at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

倍増計画第一弾は達成!

Michaelを保護してちょうど1週間となりました。

病院でも、推測週齢の割には小さすぎるので取扱い要注意、
万一体重が少しでも落ちることがあったらすぐ来て、と言われていたので、
始めのうちはほとんど寝ないでじーーーーーっと眠るまいこ〜を凝視していたような。
ええ、うさぎたちと千夜には強力に効いた呪文をかけていたんですよ。

20100530mic11.jpg

      保護当日のまいこ〜。
      あぁ・・・まだ昆虫然としてる・・・

強力な呪文の甲斐あって、今日には360g!
保護翌日の計量で190gだったわけだから、宣言通りほぼ2倍に!
(昨日からいきなり40g増。おそらく千夜の時と同じように今後1週間後も倍近くになっているはず
急成長期に突入かな?)
猫神様、頼りない私のために、また健康な仔猫を選んでくれてありがとう〜

ミルクを飲むときもいっちょまえに哺乳瓶を両手で抱え(てるつもり)ながら、ぐびぐび一気飲み。
動くもの、触るもの、すべてに激しくじゃれ付かないではいられない「じゃれ期」にもなったようです。
ようやく・・・1年半前、千夜を保護したときの彼女とほぼ同じレベルに到達した。
ほんとに、文字通り「なめまわして」育てたという実感です。

20100605mic1.jpg

      この聡明なまなざしを見よ。

おそらく、推定で4週間目に入った頃と思うから、
とすると、これで体重も何とか標準に達したことになる。
あと1週間で完全に離乳してほしいな。
そうするとケージの中でのお留守番もできるようになるし、
里親希望者さんの選定にも入れるし。

20100605mic2.jpg

      うーむ・・・やっぱりどこから見てもイケメン。
      すでに精悍さも感じられるではないか。

20100605mic4.jpg

      ちょっと水鼻が出ています。時々のくしゃみは今日も。
      今になって風邪を引かせたかなぁ。
      病院に行こうね。明日は日曜日だから、月曜日仕事が終わり次第、頑張って連れて行こう。

ミルクを飲む前だと、相当しっかり早く走れるようになり、
(飲んだ後はお腹が重くてよたよた)
自主的グルーミングや爪とぎ(の真似事)もやり始めています。

あ、それと昨日はしなかった自発おトイレ、今日はまたちゃんとしていました!
これに関してはもう心配ないかと。

20100605mic5.jpg

      いっちょまえに、仮母に寄り添って寝そべっているつもり。

20100605mic3.jpg

      何もないのに、しきりに空中に脚をチョイチョイ。
      この子にはまだ妖精が見えるらしい。

さて、明日とあさっては、また上階のにゃんこ友だちのミカさんが預かってくれます。
今週・・・なんとか仮母も頑張って乗り越えるから、まいこ〜も離乳よろしくお願いしますよ。      

20100605c_m1.jpg

      ちぃやとかくれんぼごっこ。お互い直接触れ合う気まではないので、ちょうどいい遊びです。
      「ケムンパ!(これを知っている人は年齢がバレます)こっちにくるにゃ!」

20100605c_m2.jpg

      「みつけたにゃっ!」
      「あんみゃーーーーーっ」←嬉しさと恐怖半々

20100605chi1.jpg

      ちぃやのこのまなざし・・・なんとか毛虫を捕まえてやろうという気持ちしかないのがありあり・・・
      興奮が高まると、わざとまいこ〜をかすめて爆走したり、と危険。
      やはり目が離せない。
      要するに、この子もまだまだお子ちゃまなんです・・・

20100605mic7.jpg

      「お化けでかにゃん、こっちにくるにゃあ?」
      こんなふうにちぃやを挑発するんだもの、ちぃやだってこらえきれなくなるよね。

20100605mic6.jpg

      いやぁ、まいっちゃうなあ。肉Qスタンプのサイン、今のうちにもらっとこう。
      
・・・来週の土曜日には離乳も済んで600gを越えていてくれると言うことないのですが。
それ以上に、くしゃみがなくなりますように。

     ※6/5  体重360g ミルク約100cc 排便1回・少なめ(少々固め)
        下痢なし、水っぽい鼻水少々、くしゃみ(ケージ外でだけ)時々

ニックネーム Lin at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

にゃんこっぽくなってきた

今日もたくさんミルクを飲んで、たくさん爆睡しているまいこ〜。
今日には、はしゃいでジャンプしたり、おもちゃに飛びついたり、と
昨日までは見られなかった多彩な行動や反応をするようになってきました。
ミルクに飽きると、哺乳瓶をパンパン高速で叩いて拒否します。

20100604mic2.jpg

     「にゃっ」よたつきながらも軽快にステップ。
     楽しい・・・らしい。多分。

20100604mic3.jpg

     千夜にも挑発するようなしぐさをしたり。

20100604c_m1.jpg

     やはり母性ゼロの千夜は、まいこ〜を動くおもちゃ程度にしか見てなく、
     特にまいこ〜の尻尾にじゃれたくて仕方ない。
     でも、やっぱり触れない・・・
     こうして見ると、まいこ〜もかなり大きくなったように見えますが、
     安いカメラのせいで、手前の物体がとても大きく写っているだけです・・・

私の顔、特に唇や鼻に噛み付いてじゃれるのが大好きで、
おかげで私の唇はただいま腫れ上がっております・・・

20100604mic8.jpg

     この際、食っちゃうぞ〜
     「マヨネーズにしてにゃっ」

ただ、後ろ足キックはまだまだ力が弱く、
千夜の保護時にはまだ追いついていない感じ。
だいたい、千夜のときより体全体、特に頭が小さいと感じるのよね。
それでも今日で体重は320g。
まだ毎日20g増を維持しているのは、順調に遅れを取り戻している証拠と考えていいでしょう・・・
正直、保護直後は200gにも満たない大きさにショックを受け、
これは私には無理なんじゃないか、と危惧していたので、
とにかく順調に大きくなってくれていることが一番嬉しい。

20100604mic6.jpg

     それでもまだ小熊チック。
     すっかり気持ちが落ち着いたのか、もう大声で泣くことは一切なくなりました。
     まだ断言はできないけれど、むしろ千夜よりおとなしい子のような。
     「Michael」ですから、シャイで結構なんですけどね。

昨日、私を絶叫させた自発おトイレ、
残念ながら今日はなし。
ちっこもうんぴも今日は全部お股つんつんで済ましました。
でも、きっと自分で全部できるようになったら、また自分でトイレに入るであろう・・・と希望は捨てていません。
教えなくても自分でトイレを使った、ということは、
本能的にトイレ概念をすでに持っているということ・・・でしょ?

明日からはあまり手を出さず、少し放置気味にしてみます。
ちょっと、今まで過保護だったかも。

20100604mic4.jpg

     それにしても、プレ男前にゃんこ。

20100604mic5.jpg

     どこから見てもイケメン。
     将来は世界中のご婦人にゃんこを興奮させる、セクシーメン間違いなし。←(Linさん、そろそろ危ない)

昨日から肌寒い気温なので、アンカだけでなくまたカイロも投入しているのに、
今日から時々連発ではないけれどくしゃみをするのだけが心配。
絶対に風邪なんか引かせるものか・・・!
(という仮母の私の重度の風邪はいっこうによくならず・・・)

20100604mic7.jpg

     時々、じーーーーっと私の顔を凝視します。
     これが母親なのか・・・と、がっかりしているのかも。
     同族の千夜にはまったく興味なし。どういうわけなんだろ〜・・・
     前足の大きさを見ると・・・ふふふ、千夜を越える大猫になるぞ〜

   ※6/4  体重320g ミルク約90cc 排便2回・相当量(少々固め)
        鼻水、下痢なし、くしゃみ(ケージ外でだけ)時々




ニックネーム Lin at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

Legend of King of CAT!

奥様!
大変ざますっ! ←(・・・また始まった・・・と、うんざりしないでね)

うちのまいこ〜、天才にゃんこざますっっっ!

今日からダンボール→ケージに引越しをし、
スペースも広くなったのでそろそろトイレ・トレーニングを、と
小さめの容器に猫砂を入れて設置しておいたら・・・

「ミルクがほしい」と鳴きだしたので、覆っていたクロスを払って中を見たら―
えっ!
トイレにちっこ跡とウンピが!!!

20100603mic8.jpg

      キミのLegendはすでに始まった。後世に語り継がれるでしょう。

誰も教えていないのに、
毎回お尻ツンツンで出していたのに、ちゃんとトイレで!!!
自分でっ!
きゃぁーーーーーー(ほんとにそうシャウトしたもんね)

その後もちゃんとトイレでちっこをしていて、周囲に失敗痕もなく、すでに完璧。
ただ・・・まだ砂かけを知らないらしく、そのまま露出。
さらに、おぼつかない足取りのためか、つぶらなタマタマに砂がくっついてしまっていましたが。

20100603mic1.jpg

     かわいいタマタマ、白っぽくなっちゃった。
     まだまだおしゃぶりがほしい赤ちゃんなんだもの、仕方ないよねぇ。
     ちゅばちゅばちゃぷちゃぶ。手のひらのベビーフードをなめています。

実は・・・千夜の時は、保護した時にはすでにトイレ概念が出来上がっていて、
保護当日に「トイレはどこにゃ?」と聞かれ、
えっ、こんなに小さいんだからまだ好きなところでするんでしょ?と思い込んでいた私はびっくり。
あわてて、何も用意していなかったので仕方なくペットシーツの上に置いたら、
「なんにゃ、これ〜」と、うにゃうにゃ戸惑いつつ怒りつつも、そこでしてくれたのでした。

なので、千夜のときも私は一切トイレトレーニングをしておらず、
その後も彼女は一度もトイレの失敗がありません。
そのため、今回千夜よりさらに乳飲み子のまいこ〜のトイレトレーニングは私にとっても初挑戦となるので、
どうやったらいいものか・・・とネットで色々検索している矢先でした。

20100603mic6.jpg

     まいこ〜もちぃやもあずき色の肉Q。
     ピンク色の肉Qはまだ実物を見たことがないけれど、
     あずき色もとてもベリーでスウィーツでしょ。

なのに、なのに!
一切教えていないのに自分でちゃんとできるなんて・・・あぁ〜、感激。
(意外に、猫ってみんなそういうもの?)
もちろん、ミルク前のお尻ツンツンでも、まだ気持ちよく放尿してくれますけどね。

あと、自力で離乳食を食べてくれるようになったら、目標クリア!
(ミルクの前後、私の手に吸い付くので、手のひらに少しベビーフードを置いてみたら、
全部なめてしまいました。これもクリアは間近と見た・・・!)

20100603mic2.jpg

     Dream Tour開始3秒前。

20100603mic3.jpg

     Dream Tour開幕。

20100603mic5.jpg

     両手両足を天に突き出し「Will you be tere?」

20100603mic12.jpg

     1回に20ccくらい飲むようになったので、このメタボチックなお腹ときたら・・・
     さすがにこの後は6時間ミルクを要求しませんでした。

今日はよく寝ます。
ミルクを飲んだ後はすぐにうつらうつらするので、
改めて腰にくくりつけたバスタオルの中に入れておくカンガルーケアをしてみたら、
あっさりおとなしくその中で熟睡。
状況を理解したのか、目覚めて頭を出しても、無理に飛び出そうとはしなくなりました。

20100603mic9.jpg

     仮母の移動のたびに変わる景色に興味津々。
     この後しばらくもぐりこんで熟睡。

乳歯の犬歯も相当痛くなってきたし、
撫でるとゴロゴロ言うようになってきたし、本当に毎日4倍速成長です。
しかも、この時期のこにゃんこの激カワぶりときたら―
本当に早く里子に出さないと、私の方が先に降参しそう。Dangerous!
そろそろ里親募集も開始しなきゃ。

20100603mic11.jpg

     乳歯も生えそろったでしょ。というこは、離乳も始められるということ。

すでに、まいこ〜が離乳したらもらってもいい、というアテは1件あるものの、
ただ、そこは環境的には申し分ないものの一般家庭ではないので、
少し気がかりな点もあり・・・
まずは募集をかけてみての結果次第、と考えています。

20100603mic4.jpg

     「そういうことにゃら、まだおっぱいやめにゃい」
     ちゅばちゅばびちゅびちゅ・・・

それと―
最低、生後2ヶ月までは猫白血病などの検査もできないし、
でもケージになると、千夜との接触を避けるには別室移動しかなくなるし、
それなら千夜に予防ワクチンを打てばいいのか、と気がつき、ネットで検索していて―

あれ。
4種混合ワクチンって、猫白血病予防ワクチンが入ってるじゃない。
ちぃ、今年もちゃんと4種混合受けたじゃない。
念のため1月に受けたワクチン接種の証明書を良く見たら、、、
やっぱりちゃんと猫白血病(FeLV)も入っていました。
・・・ったく、いったい私は何のためにわざわざ高額な4種を受けさせていたというのか!
(万が一の家出、と、今回のようなこういうことがあったら・・・という想定だったはず。
しっかりしてよ〜Linさん・・・と、自分に愛想をつかす・・・)

というわけで、あとは猫エイズに関しても、血が混じるようなケンカや、
じゃれあっての引っかき傷などにさえ気をつけていれば、というわけで、
ケージ越し接触程度なら問題ない、と結論付けました。
千夜もさすがに赤ちゃん相手に爪を出す素振りはないし。

ああ、でも、ちゃんと4種受けていてよかった〜
これからも継続して行こう。
いつまた保護猫を迎えることになるかわからないものね・・・

20100603chi-mic1.jpg

      ちぃはケージ外のまいこ〜にはどうしても直接触れない。
      「にゃにゃっ、寄るにゃっ」

20100603chi1.jpg

      たった1年半後には、まいこ〜もちぃやのように美しい(大)ネコに成長しているはず。
      本当にあっという間なのよね・・・

20100603mic10.jpg

      手に激しくじゃれ付くように。
      これで後ろ足キックを繰り出すようになったら、千夜を保護したときと同じくらいのはず。
      千夜は保護したその日から、激しい後ろ足キック連発でした。
      体重だけは今のまいこ〜と同じくらいしかなかったのに。

20100603mic7.jpg

      小さいうちはワンコのようにちっぽをぴょんぴょんふるのがかわいいね。
      明日もいっぱいミルクを飲んで、いっぱい大きくなーれ。

   ※6/3  体重300g ミルク約90cc 排便2回・相当量(少々固め)
        鼻水、下痢なし



ニックネーム Lin at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする