2011年05月11日

千夜、捻転斜頚を発症

昨日、起床して「おはよう、ちぃ」とキャット・ケージのなかの彼女を見たら、
すでに彼女は起きていてベッドの中に座ってこちらを見ていたのですが・・・


小首をかしげて私を見ている。
かわいらしい、と一瞬はそう思ったものの、、、

いぶかしく思ってケージから出て歩く千夜の様子をしばらく見ていて、確信。

・・・斜頚だ・・・!

斜頚といえば、うさぎ。
うさぎに多い神経系の病気で、幸いこれまでにうちのうさぎたちで発症したことはないけれど、
日頃からこの病気にならなければいいけれど、と心配している。

猫にもあるのか?
ちょっとぴんとこなかったので、すぐにネットで調べたら、
高齢の犬に発症するケースが多く、犬に比べると猫の症例は少ない、
発症原因や発症個所はうさぎとほぼ同じということを確認した。
(原因菌や原虫の種類は違うが)

とにかく、神経系の病気であることは間違いない。
なんで、まだ3歳にもならない千夜が?
中耳炎など感じさせる様子もなく、
昨晩オヤスミまで、何の異変も感じられなかったのに。

が〜ん・・・・・・・!!!!

20110510chi1.jpg

     昨日、仕事に出る直前の様子。
     これが瞬間なら、「かわいい」で済むんだけどね。

とにかく、今日はこれからいったん仕事に出て今日中に処理しなければならないものを片付けて、、
診察時間に間に合うよう早退しよう、と半泣きで仕事に。
幸い、ふらつくとか、麻痺、眼震、嘔吐といった症状はないし、普通に食欲もあるので、
なんとか留守中はこれ以上悪化しないで、と祈りながら。

が、仕事先でちょろちょろ検索しては、悲劇的な猫の捻転斜頚の症例を読むうち、
やっぱり、一刻も早く投薬して、とにかく悪化を防がなければと気が焦り、
さらに予定より早く仕事先を出て帰宅。

幸い千夜は首をねじるように傾けているだけで、
吐いた様子もないし、眼震もないまま。
でも出掛ける前よりもさらに傾きがひどくなっている気がする。

20110510chi2.jpg

      昨夜、就寝前の様子。ほとんど90度に傾いていて、
      横から見ると、ねじれたようになっている。
      歩く分にはいいけれど、走ると右側に寄っていってぶつかりそうになっていた。

さっそく診察、といつもの病院に電話したら、
なんということだぁ〜!本日、午後休診・・・・・っ!!!!

近くの別の病院へ、とも思ったけれど、
一度で済むことにはなりそうもないのに、「とりあえず診察」して
結局またいつもの病院に変えて、投薬内容が変更になったりするのも問題。
しかし、このまま1日放置して悪化させることも絶対に避けたい―

で、また色々ネットで検索して、治療にはステロイド剤が使われることを確認したので、
手持ちのうさぎにもらっているステロイドを1cc飲ませた。
飼い主責任ということでね。

で、今日・・・
朝起きたら、昨日よりは若干…首の傾きが改善されたような。
で、朝一でいつもの病院へ。

すでにネットでだいぶ勉強したので、大方の見当はついていたけれど、
やはり、耳の中を診ても問題は感じられず、
症状としてはまだ軽い方なので、ステロイドと抗生剤の注射をまず3日続けよう、
おそらくそれで治るはず、という結果に。
昨晩ステロイドを飲ませたのは間違いではなかったらしい。

猫の場合、原因不明・突発性というケースが結構あるらしく、
千夜もまだ若いし、耳の問題もなさそうなので、おそらくその部類のような気がする。
主治医もその路線を想定しているよう。

20110511chi1.jpg

    本日、病院から帰宅直後。
    歩いている時はかなりまっすぐに見える。

20110511chi2.jpg

    本日夕方頃。昨日よりはやっぱり改善してるよね?

いやね・・・
昨年秋から、うさぎのラムタラが神経系の病気でずっと闘病している最中だし、
もう1羽のうさぎの炎龍(ふぉーろん)も脳神経系の持病を気にしながらの生活なので、
その点猫たちだけはそんな心配もなく元気で助かる、と思っていただけに、
突然の千夜の斜頚は本当にショックでした。

今日、注射をしてもらってからは、さらにちょっぴり・・・首の傾きが改善されたような気がするけれど、
彼女本人は昨日より意気消沈している様子が気になる。
食欲は普通どおりなんだけどね。

20110511f_c1.jpg

      ついさっき。うさぎの炎龍と仲いいね。
      こうして座っている限りはほとんどまっすぐになった。

昨日からオヤスミタイムも千夜だけはケージに入れず、一緒に寝ています。
ひたすらかわいがり倒して早く治ってもらおうという作戦。

明日の朝にはさらに改善していますように。
完全に頭がまっすぐに戻りますように。
そして・・・今後も再発しないことを祈るばかり・・・

20110511mj1.jpg

       「今日にゃ、6Fのミカママがちぃねいにゃんのお見舞いと
       まいきょに会いに来てくれたんにゃ。
       にゃのににゃ、うさぎのねぃにゃんがくっついて離れにゃいがよ・・・」



ニックネーム Lin at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ステロイド正解ですね。
まずはスパークしている神経の保護。
それも一刻も早く、それ以上の神経ダメージを止めるために。
持ってて良かったステロイド、ですね。
ちやちゃん お顔が斜めだと気持ち悪くて疲れるよね。頭痛はしていないのかな?ボーっとした感じだけかな?
必ずお薬が効いて治るから、いい子でお薬飲んでね。
Posted by チーママ at 2011年05月13日 21:47
ちぃ、確実に回復してるね。
よかった・・・
美しいにゃんこだけに、写真を見ると哀しくなったよ。
私も聞いたことはあるけど、身近では経験がないよ、猫の斜頚。
それにしても、的確・素早い対処は、うさぎだけでなく
猫にも、という点は、さすがLinちゃん。
Posted by HANA at 2011年05月14日 19:26
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2660386
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック