2010年08月08日

MJの初ワクチンと、りるちーちゃんの旅立ち

何が何でも、まいこ〜の初めてのワクチン接種時までに
まいこ〜の正式名を決めなきゃ、と思っていたのに、
結局・・・どうしても、というか、本気で考える暇がなかったというか、
思いつく名前のことごとくが自分や周囲の友だちに却下されたというか・・・
やむなく先日初めてのワクチン接種も「マイケルジャクソン」で受けてきました。。。

もう、いいや。
普段は「まいこ〜」とか「まーくん」で用足りてるわけだ し、
1年に数回診察時に恥ずかしい思いをすれば済むことなんだし。さ。ね。。。
絶対に里子に出すつもりだったので、その決意を覆さない戒めの意味もあって、
あえてありえない仮名にしたというのに、ほんとに・・・ありえない結果に。。。
純正M.Jファンの皆様、本当に申し訳ありません。
せめて名に恥じぬよう、肥満に気をつけ、世界一のイケメンにゃんこに育てます。

本当はもう2週間ほど早くても接種できたはずなんだけど、
鼻水や白い目やにといった気になる症状が完全に治まるのを待って、結局生後2ヵ月半でということに。

20100804mj1.jpg

     待合室で。すでに怖くてしがみつきっぱなし。

ちぃやと同様、暴れる度胸もなく、私にしがみついている間に注射完了。
やっぱり院長先生に「Linさんちの子は猫でもうさぎでもみんな飼い主さんべったりで
聞き分けのいい、おとなしい子達ばかりなので、じっくり診れます」とほめられたよ。
・・・先生、数ヶ月前モルのののちゃんに咬まれて流血したのを忘れましたね・・・?

うちの子たちで、唯一診察台の上で抵抗する根性があるのは、ののちゃんだけ。

で!
驚愕の事実が。

まいこ〜、生後2ヵ月半で体重1.7kgもありました!
標準体重から行くと、生後4ヶ月近くになるはず・・・
ちぃやの初めてのワクチン接種は今のまいこ〜より1週間ほど早かったけど、それでも1.2kgだった。
多分、ちぃやの2ヵ月半は1.5kg程度だったはずで、それでも「大きい」と当時から言われていたのに、
まいこ〜はさらにそれを上回っています。

20100804mj2.jpg

     「まいきょ、ラトーヤより大きくなるからにゃ!」
     別に競わなくてもいいんだけど。

だいたい、お手々が大きいもの。
おとなのちぃやとまったく同じ大きさ。
体がまだ小さくて細いのに、手だけ大きくて、まるでぶかぶかの長靴でも履いてるみたい。

そうか・・・キミもLin家の生きものにふさわしく、しっかり確実に巨大猫になるんだね・・・
今ちぃやが6s近くだから、男子のまいこ〜はきっと・・・7s越えは確実ですね。。。
大柄のマイケルジャクソン・・・うーむ。

20100808mj1.jpg

     手足も大きいけど、鼻もでかいね、キミは・・・
     「すぐに鼻を拭かれるからにゃ〜」

それでも、本猫はいたって赤ちゃんなので、
激しくちぃやや兄弟仔猫とじゃれて遊んでいても、
眠くなると、必ず私のひざ・・・もとい、そこから顔までよじ登ってきて、
ひとしきり私の口にしゃぶりついた後は、ぐにょぐにょあくたれてから寝る・・・というのを
まだとめどなく繰り返します。
物心つくころから、目も開かないときから私に育てられているので、
彼はまだ100%私を母親と信じ込んでいるようです。
どんなにふだんちぃやと一緒にいても、ちぃやが献身的に世話してくれても、
まいこ〜にとってちぃやは守ってくれるおねえちゃん&遊び相手であり、
何かほしがる、眠いなどということは絶対にちぃやにではなく、私に訴えてくる。

ちぃやが、自分とは違うけれど、この人が母親、と理論的に解釈して私に甘えるのとはかなり違う感じ。

今のまいこ〜にとっては、同族のちぃやもニンゲンの私もうさぎの炎龍もねずみのののちゃんも
ただただ自分のファミリーという感覚でしかないのでしょうね。
なかなか興味深い成長過程です。

20100804mj3.jpg

     「ママ、まいきょネンネするから、顔かしてにゃ」
     人間の子どもと同じで、眠くなると悪たれる悪たれる・・・
     こんな悪たれ方、ちぃやはまったくしなかったんだけど。

あ、保護猫ちゃんたち?

20100808l_b1.jpg

     いつも2匹で寄り添っていたけど、、、

りるちーちゃんは、今日里親さん宅に旅立ちました。

20100808lc1.jpg

     こんなになついていたのに。
     でも、私以上にりるちーちゃんを大事にしてくれる人がいるなら、
     私はこらえることにしました・・・

そのことの詳細はまた後日。

20100808n_l1.jpg

     新しいパパとママと。
     元気で、そして世界一幸せなにゃんこになってね・・・

しかし・・・そのことで予期せぬことが。

りるちーちゃんがいなくなったことに気がついたちぃやが、
今、猛烈に鳴いて家中あちこち狂ったように探し回っているのです。
かれこれ、もう1時間にもなるというのに、まだ諦めず、私にも必死に訴えます。
「あの子がいない!どこ?」と。

まさか・・・たった1週間、さほど親密にしていた様子でもなかったのに、こんなことになるなんて。
本当の母猫たちは、私が捕獲したときもぜんぜん気にもかけない様子だったというのに。

20100804c_l1.jpg

     本当の親子のようだったのにね。
     ごめんね、ちぃや。

りるちーちゃんが行ってしまって、ちぃやの悲しい鳴き声で、ますます感傷的になってしまう・・・

ちぃや、本当に哀しいほど優しい心の猫です。。。

 

ニックネーム Lin at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。凄く可愛い猫ちゃんたち!!!
私はアメリカで猫の里親探しのボランティアをしていますので、野良ちゃんを保護してくださっている方には、とても親近感と共感を覚えます。

それにしても、こんなゴージャスな子たちが野良と言うのは、繁殖業者が捨てたのでしょうかね?とにかく、良い方と出会って良かったです。

マイケルジャクソン君、最高です♪
Posted by YUKO at 2010年08月24日 11:11
★YUKOさん
いらっしゃいませ!コメントありがとうございます。
私もYUKOさんのブログにおじゃまして楽しく拝見させていただきました。
すてきなおうちと迫力ある黒猫ちゃん'sにうっとりしましたよ〜
どうせならうちのマイケルジャクソンやルカもYUKOさんちの猫ちゃんたちのように大きくなってほしいと願っています。

この子達の母猫はキジトラと黒白ツートンのよくあるMIXちゃんで、ゴハンと寝床は提供してもらっていますが、外暮らしの野良ちゃんです。
どうも父猫が大柄のロシアン風らしいんですが・・・
なので、兄弟いとこたちは、他にツートン、トラ、と本当にバラエティ豊かな顔ぶれなんです。

北海道の冬は厳しいので、せめて仔猫たちだけでも引き取り先を見つけてあげたいんですが・・・

この子達の生活は、本家ブログの「兎のにほひ」(http://lammfor.a-thera.jp/)の方が多少こっちよりは更新していますので、ぜひご覧くださいね。

今後も仲良くしていただけると嬉しいです。
よろしく〜
Posted by 【お返事】Lin at 2010年08月31日 22:28
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2252107
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック