2010年02月22日

遅まきながらの初・猫用品

今日はにゃんこの日、らしいです。

そんなことはまーーーーーったく関係なく、
ついに千夜に新しいケージをプレゼントしました。
これまでずーっとウサギ用のケージでしたからね、
本物のにゃんこ用ケージですよ。

20100222.jpg

      2階建て。1階床面積もこれまでのケージより1.3倍増。
      しかし…ブコツ。
      と、これまで小動物用ケージしか扱ったことのない私には、
      なんだか相当モノモノしく見えます。

まだ赤ちゃんだったときに買ったベッドが小さくなったので、一回り大きいものを買ってあげたら、
これまでのケージではもうギシギシで、
お水とご飯のお皿を置くスペースもろくになくなってしまったので、ついに新居購入ということに。

考えてみると、うちの子になって以来、
夜半から朝までは必ずケージの中で過ごす習慣になっていて(うさぎたちの自由時間に当てているから)
それがしっかり身についたからなのか、
ケージの中にいる間は、私がどんなに寝坊しても1度も鳴いたり騒いだりしたこともない、
まことに健気で出来のいいにゃんこ。

そんなちぃに、広々にゃんこ用ケージぐらい買ってあげて当然でしょ?
千夜もすぐに気に入ってくれました。

だけど、ただひとつ、気になることが。

20100222chi1.jpg

      こんなふうに、ケージの2階部分がちょうど私の仕事机と同じ高さになって…

いつもPCの前にいることが多い私と同じ顔の高さになるからなのか、
ほとんど2階のベッドから出てこなくなっちゃった!
ベッドに横たわって、じーーーーっと私の様子を見ているばかり。

以前は私のひざの上で抱かれていたり、机の上を歩き回って、
それはそれで邪魔で仕方ないと思っていたのだけど、
すっかり引きこもりになってしまわれると、それまたなんだか寂しいような。。。

20100222chi2.jpg

      「時々ここから手を伸ばしてネズミをさわるにゃ」
      いえ、それはマウスといいます。
      
千夜は今までより私が近くに感じられるから、これで満足らしいのですが・・・
今度は私のほうが千夜にかまってもらいたい気分に。。。


ニックネーム Lin at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする