2009年09月26日

「特別なニンゲン」のボーダーライン

千夜は人見知りの激しい子で、特に見知らぬ男の人は大嫌い。
女性でも初対面の人になつくのは1日では無理かも。
それ以前に、玄関のチャイムが鳴ったとたんに大慌てで逃げ隠れる。

なのに・・・
不思議なことに、近所に住むウサギ友だちのりえちゃんには、数ヶ月会っていなくても、
すぐにゴロニャンとひっくり返ってお腹を見せる。

いつもいつも不思議に思うのだけど、
りえちゃんと他の人たちとの違いは何かと言うと、
赤ちゃんの時(保護して翌日)3日間ほどミルクを飲ませてもらった、という恩があるということ。

つまり、千夜はその時からのことを継続的記憶としてinputしているとしか思えないのです。

20090925r_chi2.jpg

      抱っこにはちょっとばかり戸惑いの表情が。
      「だだだって、ママにしか抱っこしてもらったことないんだにゃ・・・」

それは、そのとき一緒に遊んでくれたりえダンナさんに対してもそうで、
大嫌いな男の人のはずなのに、数ヶ月ぶりの再会でも全然平気でじゃれ付いていた。

ウサギたちもりえちゃんがやってくると、
「お客さん?」という表情ではなく、
明らかに「あ。りえちゃん。お久しぶりっ」という表情になる。

ウサギたちの「りえちゃん」という認識は何を基準としているのか―
(ウサギの研究では、記憶というのはほとんどアテにならないらしい)

20090925r_chi1.jpg

       「ちちちち、ちぃはチューはいらないにゃあ!」
       ばっちい肉Qをりえちゃんのほっぺにおしつけるんじゃありません。

それと、千夜は私の肉親―母と兄に対しても初対面からほとんど警戒心なくなついた。
うさぎたちもその点は同じで、明らかに私の肉親に対しての反応は、初対面の他人とは全く違い、
何ヶ月ぶりの再会でも必ず覚えていて、いつも驚かされる。

人間のように顔で記憶したり、肉親かどうかを聞いて納得するものでもないだろうから、
とすると、彼らはいったい何で「嗅ぎ分けて」いるんだろう・・・

このニンゲンは自分を守ってくれる、愛してくれる、
けっして危害を加える相手ではない、という判断も彼ら動物の本能のひとつなのか。
(私が動物にやたらと頼られることがあるのも、もしや―)

20090925r_chi3.jpg

       「もう、カンベンにゃーーーーーーっ」
       これこれ・・・

ニックネーム Lin at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

召しませ、おゴハン

猫にはどう接したらいいのか、まったくイロハもわかっていない私なので、
自分でも甘やかしている方なのか、
それとも割と放っている方なのか、自分でもさっぱりわかりません。。。
(ただ、ウサギたち同様、常にchu★chu★しまくって育てているのは間違いない)

20090913chi5.jpg

     「ちぃはママの愛情がまだまだ足りないと思ってるにゃ」
     ・・・そうして、ママの椅子を占領しながら言うんじゃありません。

ただ、我ながら、これは甘やかしか?と思っているのは、
ゴハンを手ずから食べさせていること。
仕事の日の忙しい朝にはできないけれど、夜のゴハンやOFF日には必ず食べさせてあげているのです。

だって、放っておくとあげたゴハンの半分も食べないことが多いから。
(特に私が家にいる日は私にまとわりつくのに忙しいらしく、ほとんど自分では食べない)

20090920chi1.jpg

       「さぁ、お嬢さま、召し上がれ」
       「ばあや、お手々は洗ったにゃ?」
       
これで、食べさせようとしても食べないなら放っておけるんだけど、
私が手で差し出すとぺろりと完食してしまうので、どうもやめにくい。
にゃんこならではのムラ食いでしかないんだから、
ここは放っておくべきなんでしょうね・・・
そうしないと、ますます私がいないと食べない子になってしまうのにね・・・

20090920chi2.jpg

       「うにゃあ・・・お腹いっぱいになったからネンネするにゃあ」
       ・・・私の眠りの半分をこの子が代わりに眠っているように思える。
       そうか。ちぃやが私の不眠症の原因かも。

20090913chi6.jpg

       「それはちがうにゃ〜
       ちぃだってママとたくさん一緒にネンネしたいにゃ・・・」
       ・・・寝ているママの体の上をのしのし歩いて起こすくせに。
ニックネーム Lin at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

借りてきた猫?

やっぱり・・・三日坊主もいいとこだわ(笑)

千夜は昨年10月11日に兄弟たちと保護され、
おそらく生後1ヶ月と少し・・・と病院で言われたので、
9月1日を推定誕生日としていました。

すっかり過ぎてしまったけれど、めでたく満1歳の誕生日を迎えることができました。
体重も4kgを越え、何一つ病気らしいこともなく(快眠・快食・快便)、
幸いケガもなく、本当に健康的な少女にゃんこに成長してくれました。
(ウサギで言えば満1歳といえば成熟したオトナなんですが、
にゃんこの場合はまだ成長期なんだそうです)
ウサギとネズミ専門のLinさんちに闖入させたにゃんこだけに、
飼い主の負担は極力少ない猫を選んでくれたようです・・・猫神様は。

20090913chi4.jpg

       なんにゃ。ちぃは良い子にゃんこにゃん?

ただ―
いまだに恐ろしく甘えっ子で、足元にまとわりついて飼い主の歩行を不安定にさせたり、
顔を洗っている時に背中から肩に飛び乗って、
あやうく洗面台に顔を殴打しそうになったり、
どんなにすばやくエレベーターから降りてドアを開けても、すでにそこに待機していたり―
最近は用事があるとにゃーにゃー鳴いて呼びつけるし。
やっぱり、にゃんこというヤツはやはりなかなか侮れませんね・・・

それでも私の腕を自分の両手でぎゅっと抱きかかえて顔を押し付けて寝る様子を見ると、
あぁ、この子はまだまだくっついていたい年頃なんだ・・・と、
巨体化しつつあるにゃんこでもやはりかわいいものです。

ちぃやの肛門が目の前にあっても、
ゲロの始末も、もはやなんとも思わなくなりました。

それでも―やっぱりまだ私にはピンと来ないところがあり―

何でネズミのいるうちに、にゃんこがいるのか―

千夜はすでにこのうちの主のような態度ですが、
私にとってはまだどことなく「借りてきた猫」・・・

20090913chi3.jpg

      では、憎たらしい顔つきを。
      「憎たらしいんじゃなくて、眠いんにゃっ」
ニックネーム Lin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする